2007年09月アーカイブ

edge2008 ファイナリストが決定!

hana1.JPG

9月22日(土)に、edge2008のセミファイナル(第2次審査会)が行われ、 セミファイナルに挑むファイナリスト5組(以下)が決定いたしました! (edgeの詳細は、公式サイトをご覧ください。)

●「フットパスを用いて道東地域における地元住民の農村観光活動を推進するプラン」
  松村綾子さん・麻生翼さん
  http://blog.canpan.info/footpath/

●「京箸プロジェクト」
  那須紀行さん
  http://blog.canpan.info/re-kyoto/

●「スマイルスタイル」
  塩山諒さん・田川香衣さん・山村勝平さん
  http://blog.canpan.info/smilestyle/

●「One クリック Oneコイン オンラインノベライズ」
  室崎敬太さん
  http://blog.canpan.info/o-novel1c1k/

●「子どもと生きる楽しさを。 大人まなび事業」
  松浦真さん・北埜智子さん  
  http://blog.canpan.info/bombosaka/  

 これから11月23日のファイナルプレゼンテーション(最終審査会)まで、 各プレイヤーの方々がどんな変貌を遂げるのか・・・、楽しみですね!

 もし、まだ、 各プレイヤーがどんな社会課題に挑み、どんな風に解決をしようとしているのか、ご存知でない方は、どうぞお一人おひとりのブログをご覧ください!

また、11月23日(金・祝)に梅田スカイビルにて行われるファイナルプレゼンテーションの詳細については、近日中にedge公式サイトにて告知される予定ですので、 まずは、ご予定をあけてお待ちください!

 

 

 

 

後期ボランティア論は・・・

 みなさま、残暑厳しい日が続くなか、お元気にお過ごしでしょうか?センターのスタッフの藤本です。最近センターでは、3校共通選択科目である後期ボランティア論の授業についてミーティングを持つ機会が増えました。スタッフ同士でアイデアを持ち寄り、いかに授業を受けた学生さんたちの心に残る授業を作ることができるかを喧々がくがく、そして和気あいあいと話し合っています。

 後期ボランティア論のテーマは“環境”と“福祉”の2本柱です。この2つのテーマが学生さんたちにとってどれだけ興味の対象になっているかはわかりません。しかし、この授業を受けた学生さんたちが、このテーマについて「もっと知りたい」と考え、「どうすればいいのか」に思いをめぐらせ、「理想の社会とは?」について思いをはせる。そのような授業になれば個人的にはいいなと思います。

 環境問題の本のなかの一節に、「一人の千歩より、千人の一歩」という言葉がありました。もちろん、一歩を踏み出すも踏み出さないも個人の自由です。しかし、ひとりでも多くの学生さんが後期ボランティア論の授業を選択することにより一歩を踏み出すきっかけとなればこのうえない喜びです。

 

edge2008セミファイナル(9月22日)に向けて

こんにちは。東口です。実行委員として関わらせていただいているedge2008では、各プレイヤー(申請者のこと)がそれぞれのペースでセミファイナルに向って進んでいます。一人ひとりが「社会の課題」だと感じることを検証する中で、「人の話を聴く」「人と向き合う」ことを深く経験していきます。実際にニーズを抱えている対象者の話をしっかり聴き取り、現場で動いてみることで、自分の場所からは見えなかった点に気づいていきます。同時に、自分自身が取り組む必然性について、マイストーリーを見つめていきます。自己理解を深めながら、「社会の課題」を仕組みとして解決するアプローチを「ビジネスプラン」として描いていく中で、自分の言葉で伝える経験を何度もします。人に伝わるように自分の想いを伝え、プランを目に見えるカタチとして資料にし、メンターのアドバイスを何度も受けとめながら、整理をしていきます。事業として現実的なものであるのか確かめながら、「トライアル」のステップに移ります。試してみながら、事業として機能するのかどうか、具体的な改善点を見つけていきます。そして、何より、その事業が、社会の課題を解決し、ニーズを抱えておられる対象者の笑顔に繋がっているのかを確認します!edgeのプロセスで出逢い、繋がった個人や団体が、お互いに育て合えるコミュニティを形成しながら、社会のあり方について、周りの人のあり方について、そして、自分自身のあり方について、見つめ続けていければいいなと感じています。
 

環境のこと

センター長尾です。

 山田さんから超強引なバトンを渡されw しょうがないから書きます(←冗談ですよw) 昨日、山田さんも書いていましたが今センターでは後期の『ボランティア論』に向けて、あ~でもない、こ~でもない、いう状態を繰り返しながら授業を練っていっています。

ずばり後期のテーマは『環境』&『福祉』です!! ←言うてよかったんかな(笑)

そこで環境問題を考えているうちに、まず自分も生活の中で変えていかなあかんのちゃうかな~と思い、それまで最寄り駅までバイクで通勤していたのを、自転車に変えたのです!!

バイクだと10分~15分の道を、自転車だと20~30分! ええ運動になりますよ。

自ずと、朝起きる時間も今までより1時間早くなり(準備するために)、就寝時間も1時間以上早くなりました。そうすると、どうでしょう?! ものすごく体の調子が良いのです!以前は通勤電車の中でものすごく眠かったり、だる~くなったりしてたんですが、そんなこと一切なく電車の中でも1人、妙に元気ですw

自分の健康状態が良いっていうのも一つの+なんですが、もう一つ良い点があってそれは、『心にゆとりがもてる』ということなんですよ。自転車で駅まで行く20分くらいの間、今までバイクだと通らなかったような裏道を通るんですけど、そういうところってすごく緑が残ってるんですよね。朝の清々しい風を浴びながら、虫たちの声に耳を傾け、ひろ~い青空を眺める。最高の瞬間です。急いでいると見えないものが自転車のスピードだと見ることができるんですよね。

地球温暖化、大気汚染、オゾン層破壊… 色んな問題があって、『だから環境を大切にしよう!』っていうメッセージを出していくことも確かに必要なのかもしれないけど、単純に緑や自然って心地良いんですよね。だから僕は大切にしたいなって思う。

今は便利になって世界中のきれいな景色をテレビを通して『視る』ことや、記録媒体に『残す』ことはできます。でも、実際に匂いを『嗅いだり』、『触れたり』、『あじわったり』っていう『体感』することは、現実でしかできないことですよね。

次の世代にも自然の『心地よさ』を『体感』する喜びを残してあげたいので、今日も自転車でスローライフを楽しむことにします。

みなさんも朝の通勤途中、お昼の休憩の時、帰宅の途中、ちょっとした時間の中で自然に触れてみてはいかがですか?きっと、『ほっと』できるゆとりの時間をもつことができますよ。

 

 

最近のセンターは・・・

 

flower2.JPG

センターの山田です。

朝晩は少し、涼しくなってきましたね。 秋の虫の声も耳に届き始めてきました。。。

来週月曜日から、山口学園も後期の授業が始まります。

学生のみなさんに会えることを楽しみにしています 笑顔

 

さて、最近のセンターは・・・というと、授業づくりに奔走中です。

後期も前期に引き続き、センターが『ボランティア論』という選択科目(全13コマ)をおこないます。

そのため、最近、毎日のように、センタースタッフでミーティングを行っては、

各コマをどんな授業内容にしていくのか?、どんなことを大切にしてコマを作るか?、

どんなことを学生のみなさんに持って帰ってもらいたいか?・・・・・・などなど、

毎日、「う~ん・・・、う~ん・・・。」とうなりながら、スタッフ3名でアイデアや意見の交流をしながら、

イメージを具体化していっています。

 

このミーティングを通して、気づいていなかったことに気づかせてもらったり、

言葉になりきらない部分を、誰かがさらっと言葉にして汲み取ってくれたり・・・・と、

いい時間を持てているな~と思っています。

 

前期は、授業に追われてしまい、あまり活動が生み出せなかったのですが、

後期は、小児病棟でのクリスマス会、地球祭のほかにも、イベントを企画中です!

乞うご期待?ください!!

 

☆次回ブログ記事の予告☆

ある一人のセンタースタッフが、一人の地球人として環境問題に取り組むべく、

最近、やり始めたことがあります!! それは、いったい・・・・・?!