2007年10月アーカイブ

雨の中崎町

みなさま、社会貢献センターの藤本です。こんにちは。先週の金曜日も曇り空でしたね。でも、どちらかというと、今日のような天気が好きです。自分でも理由がわかりません。雨の日に部屋にこもって本を読んだりするのも好きなのですが、街をそぞろ歩きするのも大好きなのです。当センターが中崎町にあるということもあって、中崎町周辺を散策する機会も増えました。古き良き時代の下町の風情と、梅田から近いという土地柄もあって近代化したオフィス街という部分とが、渾然一体となってとても魅力的な街だと思います。そして、古き良き時代を象徴するように残っている家屋を、そのおもむきを変えることなく、若い人たちが個性的なショップ等を数多く展開されているのも大きな魅力の1つだと思います。そんな魅力あふれる街、中崎町を、当センターのスタッフが隔週の金曜日に、ECC各専門学校の学生や中崎町の有志の方々と中崎町周辺の清掃活動(クリーン中崎町)を実施しておりますが、10月31日(水)にも、この清掃活動を学生と中崎町の方と実施いたします。学生さんたちに、清掃活動を通じて中崎町の魅力の一端でも感じとってもらうとともに、少しでも地域の方々との交流をはかる機会があれば素晴らしい体験になると思います。
 

インドネシア・スマトラ沖地震に対する募金活動のご報告

9月12日(現地時間)にインドネシア・スマトラ島付近で発生したマグニチュード8.4の地震で甚大な被害を受けた被災地の一日でも早い復興を願い、ECC社会貢献センターでは、1ヶ月にわたり、ECC各専門学校の学生および教職員のみなさまのご協力をいただき、募金活動を実施してまいりましたが、10月12日をもちまして募金期間を締め切り、募金総額が確定し、人道援助団体への送金も完了しましたので、以下のとおりご報告させていただきます。

募金総額・・・17,406円

送金先・・・・・国境なき医師団 日本  (民間の医療・人道援助団体)

みなさまの心からの温かいご支援、まことにありがとうございました。

 

ゴアさんノーベル平和賞受賞で思ったこと。

みなさまお元気ですか。センタースタッフの藤本です。今日はどんよりとした曇り空のもと起床しましたが、お天気とは対照的に、心なしか寝覚めが良く感じました。それというのも、昨日、低反発マットレスというものを購入し、早速ベッドに敷いて寝床に就いたのですが、なかなかの心地よさに期待を膨らましていたのです。結構な出費でしたので、無理やりにでも「効果有り!」と思いたいからかもしれませんが・・・。そんなことはともかく、旧聞に属する話で恐縮ですが、ゴアさんがノーベル平和賞を受賞しましたね。「人為的な地球温暖化を共通認識とし、対応を促した」というのが評価された点だそうです。ノーベル平和賞と聞いて思い浮かんだのが、佐藤栄作元首相とマザーテレサくらいなので、少し勉強のためと思い高校生対象の倫理の参考書を開いてみますと、有名どころからそうでない方(私が知らないだけですが)まで、いろいろな人物が名を連ねていますが、ひときわ印象に残る人物がいらっしゃいました。シュヴァイツァーという方ですが、お恥ずかしい話、初めて耳にするお名前です。名は体をあらわすと申しますが、写真から受ける印象は、剛直そうなお顔立ちをされております。神学者であり、哲学者・医師・音楽家の顔を持つこの方は「30歳までは学問と芸術に生きることが許されているとしても、それからのちは、直接人間に奉仕する道を進もう」と、赤道アフリカ地方の医療奉仕に一生をささげようと決心した人です。この方のことばに「生を維持し促進するのが善であり、生を破壊し生を阻害するのは悪である」というものがありますが、現在の環境問題を解決する上での人類が拠って立つべき基本理念であるように私には思えます。この方が当時から現在の環境問題を少しでも予見していたかどうかは私には知る由もありませんが、人間が追い求めるべき倫理観は時代を越えて共通するのだという思いを強くしました。、ちなみにこの方も1952年にノーベル平和賞を受賞されています。
 

【11月23日はedgeファイナルプレゼンテーションの日!!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社会起業家をめざす若者のための
ビジネスプラン・コンペティション
edge2008ファイナルプレゼンテーションのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ついに、これまでの審査を通過してきた5組(ファイナリスト)が、11月23日(金・祝)開催の「ファイナルプレゼンテーション(公開最終審査会)」に挑むこととなりました! 本格的な起業へ向けて、事業プランと想いのブラッシュアップを重ねきたファイナリストたちの言葉を、ぜひ会場にてお聞きください!

 また、みなさまの周りに、「社会起業家」に関心を持っておられる方、「社会起業家」を応援したいという気持ちをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひご案内・ご紹介いただけますと幸いです。

 みなさまのお越しをお待ちしております! 

■日時・会場 

【日時】2007年11月23日(金・祝)

☆ファイナルプログラムは、13:30~18:30 

☆交流会は、19:00~21:00(同ビルにて)

【会場】梅田スカイビルタワーウエスト36階スペース36L                                                    

    住所:大阪市北区大淀中1丁目1番 

    http://www.skybldg.co.jp/use/access.html         

    最寄駅:JR大阪駅、阪急梅田駅、地下鉄御堂筋線梅田駅                               

【参加費】一般:2,000円 学生:1,500円                                       

【交流会費】3,500円(一般・学生同額)                                         

【プログラム内容】

   ・オープニング ~edge2008 ファイナルまでの軌跡~

  ・プラン・コンペティション ファイナルプレゼンテーション

  ・edge2005-2007受賞者の事業報告・相談会

        ~edge2005-2007受賞者たちの更なる挑戦~

  ・edge2008MIP(Most Impressive Player)投票タイム

  ・プラン・コンペティション 最終審査発表・表彰式

  ・ネットワーキング交流会

  ☆詳細は、http://blog.canpan.info/edgeweb/archive/109にて!

 

■お申込み方法

①お名前、②ご所属、③ご連絡先、④参加種別(一般/学生)、⑤交流会参加or不参加の希望をご記入の上、edge2008コンペ事務局(edgemail@edgeweb.jp)までメールをお送りください。

または、edge公式ウェブサイトからもお申し込み可能です。 

※山口学園の学生、教職員、スタッフの方は、一度、ECC社会貢献センターまでご連絡ください。

 

■「edge賞金募金」の参加・協力のお誘い

一口2,000円より、何口でも歓迎!

edgeの開催趣旨に賛同される方で、若き社会起業家の誕生を資金的に応援したいという方は、「edge賞金募金」にご参加・ご協力ください。

※募金はedgeの賞金としてのみ使わせていただきますが、多額の募金が寄せられた場合は、今後の賞金としてプールさせていただくことがあります。

賛同していただける場合は、下記の項目を明記の上、edge2008コンペ事務局(edgemail@edgeweb.jp)までメールをお送りください。受理後、手続き詳細に関するメールを返信いたします。

①お名前(公開の可否)、②ご所属(公開の可否)、③ご連絡先(非公開)、④edge賞金募金申込口数(非公開)2,000円×(  )口=(     )円

 

■お問合せ先                                                                  ご不明な点、ご確認事項がございましたら、edge2008コンペ事務局までご連絡ください。                                              担当:桑田・山田                                                       【メール】edgemail@edgeweb.jp                                         【電 話】075-254-8617 (特)ユースビジョン内

                                                           ■山口学園の学生、教職員、スタッフのみなさまへ                    edge2008ファイナルプレゼンテーションへのご質問や申込希望は、一旦、ECC社会貢献センターまでご連絡いただけますと幸いです。

【TEL】06-6372-1474

【メール】peace@ecc.ac.jp

 

edge2008ファイナルプレゼンテーション ボランティア大募集中!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

社会起業家をめざす若者のためのプラン・コンペティション

edge2008ファイナル・プレゼンテーション

ボランティアを募集しています!!―――――――――――――――――――――――――――――――――――

edge(エッジ)とは?

毎日の生活の中で、「こんな社会であったらいいなぁ」とか、「社会のこの部分って、おかしいんじゃない?!」と思うことはありませんか? そんな社会や地域にある課題をビジネスの手法を使って解決する人を“社会起業家”と呼びます。 edgeは、「こんなビジネスを通して、社会をよくしたい!」、「こんな方法で、いま困っている人に笑顔を届けたい!」といった事業プランを考え、社会起業家をめざしている若者を応援するプログラムです。

 

●どんなボランティア?

事業プランを応募してから、これまでの審査を通過してきた若者たちが、最優秀賞をめざして事業プランのプレゼンテーションを行う晴れの舞台「ファイナル・プレゼンテーション」を11月23日に開催します。

現在、①プログラムの企画ボランティア (5~6名) & ②ファイナルの当日ボランティア(15名)を大募集中です!!

社会起業家に興味がある方、将来なりたいと考えている方はもちろん、いまの社会に疑問を抱いている方も、このイベントを一緒に創っていただけませんか?

ボランティアの詳細は、こちらをご覧ください!!ご質問などがある際も、ご遠慮なくご連絡ください。

 

食べ物のお話を・・

みなさまこんにちは。センタースタッフの藤本です。今日は食べ物のお話を2つほど。最近、環境の問題を扱った本を読む機会が増えて、いろいろと考えさせられることが多いのですが、少し気になる話が、ある本で取り上げられていたので、ここで紹介させていただきたいと思います。私自身、たいして忙しいというわけでもないのに、ついつい自炊することをおろそかにしてしまいがちで、外食または中食(お惣菜やお弁当を買ったり、出前ものですますこと)といった手段を選んでしまうことが多いのですが、やはり気になるのが栄養のバランスと、もう1つは食品添加物の問題です。1つ1つの添加物の安全性は確認されていても、さまざまな種類の添加物を複合して摂取することの安全性までは確認されていないとのことなのです。今日、まったく添加物を摂らずに食事をすますことはかなり困難なことだと思いますが、この本では2つの対処法を提示してくれています。それは、野菜をたくさん摂ることと、よく噛んで食べることだそうです。もしも体内で添加物が毒性を持つとしても、野菜のビタミンCと噛むことによって分泌される唾液が毒性を中和してくれるらしいのです。噛むことの効能としては消化を助けることや満腹感を得やすく食べすぎを抑制してくれるなどが知られていますが、こんなにいいことづくしなんて、よく言われる快食・快眠に快噛みとか加えてもいいのでは、と思いませんか?・・・思わない。そうですか・・・。気を取り直してもう1つのお話。みなさんは「TABLE FOR TWO」という取り組みをご存知でしょうか?これは、世界経済会議(ダボス会議)がきっかけで始まった、「カロリーを途上国の人と分け合おう」という取り組みだそうです。主に企業の社員食堂などでとりいれられているのですが、カロリー控えめのランチを摂って、余分なカロリーを途上国に寄付をするというものです。カロリー控えめのメニューを注文すると、その代金の一部が寄付に回るという仕組みだそうです。もし、街のごはん屋さんでもこの仕組みを取り入れてくれれば、私もカロリー控えめの食事をゆっくり噛んで食べる習慣がつくのですが・・・。おっとその前に、自炊することが優先でした。

 

ペルー沖地震に対する募金活動のご報告

ペルー沖地震の被災地の一日でも早い復興を願い、募金活動を1ヶ月間にわたり実施してまいりましたが、募金活動期間が終了し、国際協力NGO団体への送金も完了しましたので、以下のとおりご報告させていただきます。

募金総額・・・30,123円                                                       送金先  ・・・AMDA(アムダ) “国際医療ボランティア組織”

みなさまの心からの温かいご支援まことにありがとうございました。

 

みなさまのご協力、まことにありがとうございました。

さる8月15日(現地時間)にペルー沖にてマグニチュード8の地震が発生し、多数の死傷者を出す大災害となりました。社会貢献センターでは、被災地の1日でも早い復興を願い、募金活動を開始し、ECCアーティスト専門学校、ECC国際外語専門学校、ECCコンピュータ専門学校、学園運営部、当センターにて、募金箱を設置させていただき、学生ならび教職員のみなさまのご協力をいただいてまいりましたが、9月28日をもちまして募金活動は終了させていただきました。 みなさまのご理解ご協力、まことにありがとうございました。                                 

募金の送金先ならびに募金総額につきましては、近日中にWebにてご報告させていただきます。

 ※インドネシア・スマトラ沖地震(9月12日発生)に対する募金活動は継続中です。 (10月12日まで)