2009年11月アーカイブ

社会起業家NPO法人み・らいず河内さん~edge実行委員長

こんばんは。東口です。(学)山口学園ECC社会貢献センターが、edge(社会の課題を解決するビジネスプランコンペ)の仕事を通して繋がっているNPO法人み・らいずの河内さんが、NHKの番組「福祉ネットワーク」に登場されます。

福祉ネットワーク http://www.nhk.or.jp/heart-net/fnet/

11月26日(木)20:00~20:29「社会起業家~障がい者の自立を応援します  NPO法人み・らいず河内さん」

是非、ご覧ください。 

 

 

 

学生が作った、キャンドルホルダー♪

第1回中崎町キャンドルナイトでは、3000個の手作りキャンドルホルダーを募集しています!!

先日、実行委員メンバーの学生たちが作って、持ってきてくれました♪                                                                           ということで、作品紹介 ( ´∀`)

瓶に、“ぶどう”や“いちご”を手描きしています。                                                       透明の瓶に、新鮮フルーツが、なんだかさわやか ( ´∀`)                                                        こんなカワイイホルダーを作ったのは・・・!!

candleholder1.JPG

 

 彼でした (*´∀`*)

  candleholder2.JPG

 

そして、別のメンバー、ウリちゃんの作品。                                              ゴールド系のリボンがぐるりと巻いてあり、                                            黄色っぽいハート型の紙が貼ってあります。                                                        瓶の色とマッチしていて、あったかい雰囲気が出てて、これまたカワイイですね♪

  candleholder3.JPG

学生に聞いたところ、所要時間30分ぐらいで完成したそうです。

これは、お昼休みでもできる!ということになり、                                                                                                  来週から毎週、お昼休みに、キャンドルホルダーづくりを行う予定です♪                                              場所と日程が決定したら、ブログで案内しますね。

作ってみたいな~という方は、ぜひとも、実行委員メンバーと一緒に作りましょ♪

 

完売しました、フェアトレード♪

10月30日(金)のお昼休み、山口学園では、学園行事の「ハロウィンパーティ」が行われました。                                                                                         学生も先生も、思い思いに仮装して、各校は出店を出していました。                                            当日の詳細は、こっちや、こっちに載っていますのでご覧くださいね♪

この日は、学生が、フェアトレードのお菓子&ドリンクの販売を行いました。                                                                                                                                     学生の中には、前期の学園行事「七夕まつり」で、販売を経験した学生も引き続き関わって                                                                                  いたので、そのときの反省を生かした学生のアイデア&工夫が満載でした♪ 

  halloween2.JPG

まず、価格。                                                                  フェアトレードの商品は、他の同じ商品と比べると、ちょこっと高め。                                                                              もちろん、なぜ、その価格なのかということは、学生も十分に理解しているのですが・・・、                                                                                                                             でも、やっぱり、「お昼休みにフラーっと来て、『買おっかな~♪』という気持ちには                                                                                                           なりにくい価格やな~」という意見になりました。                                      

「フェアトレードを知らなくても、たまたま目にした学生が、『おいしそう!』と思って買える価格で                                                                                                                     販売しよう!」ということになり、バラ売りスタイルで販売することが決定!!

クッキーは袋から出して4枚100円でバラ売りし、ドリンクは、ティーバッグを1袋ずつで販売しました。

halloween3.JPG  

 

そして、広報。                                                                          なんせ、フェアトレード屋台以外は、30円や無料で提供されるので、100円や70円でも、                                                                                                  ビックリされちゃいます。

そしてなにより、無農薬&無添加で、と~ってもおいしいので、「ぜひとも、まずは、                                                                                      食べてみてほしい!」という思いがありました。

そのため、あらかじめ、「こんな商品を、この価格で売りま~す!」と宣伝し、「気持ちと                                                                                             お財布の準備をしておいてもらうおう!」というアイデアが生まれて、ポスターを                  いろんなところに掲示しました。                        

halloween5.JPG  

最後に、見た目。                                                  というよりは、「カワイさ」です!                                                                  

これは、学生の「かわいい」を追求する感性に脱帽です♪                         クッキーをどんなものに入れたらカワイイかな?!とか、                               商品説明のポップは、木製のクリップでとめよう!とか、                                                                             随所に、「カワイさ」へのこだわりが!!

その甲斐あって、クッキー&ドリンクは目標数を達成し、                                                   さらに、クッキーは完売しました♪                                         

今回は、買ってくださった方がほとんど学生だったことが、何よりもうれしかったですね。                                                                                                                    学生のアイデア&工夫がマッチしていたのだと思います。

販売しながら、フェアトレードのことを伝えていくことは、なかなか難しいです。                                                                                          フェアトレードっていう言葉もそうだし、貿易の仕組みを説明するのも難しい。。。

でも、普段のお買い物を振り返ってみたり、商品をつくっている人とのつながりに気づくキッカケを                                                                                                                          生み出していけたらなと思います。                                                                                                                              きっとそれは、これから社会に出て働くとき、サービスや商品の作り手としての視点にもつながっていくんじゃないかなと思います。