2010年01月アーカイブ

変わること、そして変えること

皆さん、こんにちは!学生相談室の松本です。

そして遅くなりましたが、「新年明けまして おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします」

本日で、2回目の投稿となります。先日、初めて投稿させていただいた時は、行間のない文章がアップされ、大変失礼いたしました。非常に読みにくいブログとなり、申し訳ありませんでした。今回は、大丈夫でしょうか?内心、ドキドキしています。

2010がスタートしましたが、新しい年を迎え皆さんも「今年こそ!・・・」「今年は!・・・」という課題や目標をこころに秘めておられると思います。新しいことにチャレンジしようと考えていたり、日々の生活や自分自身のこと、学校・職場などのことで「こうしたい」などと、年始にはきっと想いをめぐらせたことと思います。

このように、自分自身が変わることや周りの環境を変えることは、とてもエネルギーが必要です。また、変わっていく過程というのは、決して良い方向ばかりに進むのではなく、悪い方向に進んだり予期せぬトラブルが起こったりすることがあります。しかし、そんなピンチに陥った時こそが、実は「変わる・変える」チャンスなのかも知れません。

ピンチで立ち止まると、そこにはたくさんの「変わる・変える」が生まれてきます。例えば、自分自身を見つめなおして、今までの自分から変わろうとすることができます。そうすることで、自分自身の物事への取り組み方を変えたり、今までの生きた方自体をよりよい方向へと進めていくことができると思います。また、ピンチで誰か(家族や友人や職場の仲間など)に助けてもらうことで、その人たちとの関係が変わっていきます。すると、自分のその人達への思いも変わりますし、その人達からの自分へのまなざしにも変化が生まれます。私自身、このようなことを日々繰り返しながら、いままで過ごしてきたように思います。

今年もこんなふうにしながら、毎日を丁寧に過ごして生きたいです。そして、ピンチの時にそっと手を差しのべてもらえる家族・友人・職場のみなさまの存在に感謝しながら、人とのつながりを大切に広げていきたいと思います。

また、皆さんのこころに秘めたそれぞれの思いが叶うよい1年となりますように、心から願っています。 学生相談室も、皆さんの「変わること、そして変えること」にきっとお手伝いできることがたくさんあると思います。どうぞ、気軽に来室してください。

 

 

シンサイミライノハナproject2010

ヤマダです。                                                                               新年明けましておめでとうございます。今年も、よろしくお願いします!!

今週の火曜日から後期授業がスタートしていますが、                                                                                  学生の皆さんは、生活リズム戻ってきてますか~?!                                                                                                                                                  昨日は、新年初のこむこむがありました。学生と年末年始の話をしていると、新年の目標の話に・・・。                                 一人ひとりの目標を聞いていると、気づきがあったり、そうそうと共感したり。                           そのうちに、私の中で、あれもこれもと目標が増えてしまいそうになりました。                                                        目標を立てている人も、そうでない人も、1年後の自分は、どんなイメージでしょうか?!

さて、話は突然とびますが・・・、                                                                                                        明日の14日(木)は、新年早々、【新春まつり】と題して山口学園3校合同イベントが行われます。                                                                                               おぜんざい、お雑煮、みたらし団子などが振舞われるそうですので、学生の皆さんは、楽しみですね♪

今回、センターはその場に、【シンサイミライノハナproject2010】のメッセージスペースをつくります。                                               これは、「震災の事実に向き合い“未来”を伝える」、「震災の教訓から生まれた“つながり”を大切に育てる」をテーマに、若い世代が震災に向き合い発信していくことを目指した活動です。                                                                

一人ひとりが「ワタシにとって震災とは」というメッセージを、花びらのカタチをしたカードに記入し、                                                                                                                カード5枚を組み合わせると、1本のシンサイミライノハナとなります。                                                                                                     2010年1月15日~17日の期間中、約2万本のシンサイミライノハナが神戸の街を彩るという、                                                           シンサイミライノハナPROJECT実行委員会の取り組みです。

 阪神・淡路大震災から15年が経ち、震災を経験したけれど記憶がない世代が増えてきています。                                    きっと、山口学園で学ぶ学生たちも、「生まれているけれど記憶がない」という世代なんだろうなと思います。                                                                                                                                                                                                                               でも、震災を経験する可能性は、いつも私たちの日常にあります。                                                                       一人ひとりの「ワタシにとって震災とは」をメッセージとして書いてみませんか。

★山口学園の学生や教職員スタッフの方々は、【新春まつり】で参加いただけます。                                                           日時:1月14日(木) 12時25分~13時25分                                                                                場所:ECCコンピュータ専門学校3号館前                          

★下記公式BLOGより応募も可能です。                                                                                                   シンサイミライノハナPROJECT:http://sinsai.exblog.jp/                                            

 

2010年も一つひとつの課題にチャレンジしていきましょう!Let's work it out together in 2010 !

ECC社会貢献センター&学生相談室本部の東口です。

2010年、今年もよろしくお願いいたします!

個人・組織・地域社会が育て合い、PEACEの方向へ進んでいけるように動いていきたいと思います。

P : Physical Balance からだの健康

E : Emotional Balance こころの健康

A : Aciton for Community 社会貢献・ボランティア活動

C : Communication コミュニケーション

   Cooperation 協力

   Collaboration 協働、協同

   Commitment 責任、参加

E : Empowerment エンパワメント

   Environment 環境への責任

今、できることで、持っている力で、そして、自分のいるところから、一つひとつチャレンジしていきましょう!

Let's do what we can, with what we have, where we are.

Let's work it out together !