2011年09月アーカイブ

仕事のやりがい

こんにちハブ、鈴東です。

お久しぶりに皆さんのお目にかかりますが、いかがお過ごしでしたか?

残暑が想像以上に続いて、参っている方たちもいると思いますが、夏バテには気をつけてしっかり栄養摂って下さいね。

実は今日は大阪府内の高校で「仕事」についてお話をしに行ってきました。

高校1年生の方々に向けて仕事とは?と言ったことをふつつかながら話してきました。

 

そんな機会はめったにあることではないので、少し緊張しました。

私は今日テーマとして「人との繋がり」「ユニバーサルサービス」「生きていることのすばらしさ」をお話しました。

どんな事を話したか知りたい方はコチラ

 

高校生に何か少しでも伝わってくれればいいと思います。

まだ社会人としての経験は1年弱なので、あまり経験談ではなく根性論みたいになってしまった上に原稿通りに読めなかったので、少し申し訳なかったです…

 

 

学生たちのメッセージを届けに「敬老会」へ!

山田です。
 
9月11日(日)、中崎町では、敬老の日を前に 【敬老会】 が催され、
学生2名とともに、とある大事なものをたずさえて行ってまいりました!
 
大事なものとは・・・、
ECC国際外語専門学校 総合英語コース1&2年生たちが手作りしたカードたち。
 
総合英語コースでは、この4年ほど、地域の敬老会の方々に、
メッセージカードを書いてお送りする活動を続けています。
日本語だけではなく、学んでいる英語と手書きのイラストも添えて作っています。 
 
 
カードの作成にむけて、済美地域社会福祉協議会会長の吉川さんが、
総合英語コースのクラスを訪問してくださいました。
7月21日(木)に1年生、9月1日(木)に2年生と2度来校くださり、 
中崎町の地域についてや敬老会のこと、皆さんがカードを楽しみにされていることなど
お話してくださいました。
 
keiroukai14.JPG 
 
 
そして、先日、1&2年生たちがカードを作成 ♪
keiroukai11.JPG
 

こんなステキな一枚一枚どれも違う手作りカードができあがりました!
card1.JPG 
card3.JPG 
 
 
プログラムの関係で、お一人おひとりに手渡しができなかったのですが、 
みなさんが持って帰られるお祝いの品の袋の中に、
地域の方と一緒に、一枚一枚入れさせていただきました。
お家でゆっくりと見てくださって、学生からのメッセージを受け取っていただけたらうれしいなと思います。
 
 keiroukai1.JPG
 
 
 
皆さん、本当に敬老会を楽しみにされていた様子で、
10時30分の受付前には、たくさんの方々が、まだかまだかと待っておられました。
keiroukai4.JPG
 
 
11時~15時30分で催された敬老会、そのプログラムの内容は盛りだくさん。
手作りのお食事が用意され、カラオケや民謡、詩吟、百歳体操やビンゴゲームなど、
本当にあっという間に時間が過ぎていきました。
keiroukai5.JPG
keiroukai7.JPG
keiroukai9.JPG
 
 
プログラム作りも当日の運営も、すべて地域の方々の手によるもの。 
「先輩方が作ってこられた地域をこれからも大事にし、よりよくしていきたい。」
「こういった行事を通してつながりを育み、防災や見守りといったコミュニティの力にしていきたい」
という地域の方々の言葉から、先輩方や次世代への想いが伝わってきます。  
 
 
おいしいお食事を食べて、歌や音楽を楽しみ、身体を動かし、
おしゃべりやおしゃれを楽しみ、みなさん、笑顔で帰っていかれました ♪

出口で皆さんをお見送りしていた学生に、なにやら地域の方が声をかけてくださっていました。
 「いつも、ずーっと家にいて、一人でテレビばっかり見ているから、
  久々に生で若い子を見て、じーーーっと見てしまったわ。ごめんね。」
とおっしゃっていたそうです。 
 
何かをするのも大事ですが、若者達がそこにいる、姿がそこにあるだけでも、
地域の方にとって、何かほっとうれしかったり、顔がほころんだりする、
そんな場になるのかなと思った敬老会でした。 
 
参加した学生たちがどんなことを感じたかは、また、お届けします ♪ 
 

エコキャップー!

山田です。
 
今日は雨。台風も接近中。
 
そんな中、たんまり集まっていたエコキャップを、
NPO法人e-kotonetさんに回収していただきました!
 
 
先日、いつもお世話になっている北区社会福祉協議会さんとお会いした際に、
「そろそろ、エコキャップを回収に来ていただこうと連絡しようと思っているんです。」とお話をしたら、
「うち、2日に取りにきてもらう予定だから、そっちに寄ってもらえるか聞いてみるよ。」
と、業者さんに声をかけて、調整してくださいました。
ありがとうございますっ!!
 
 
 
ここ1年分ぐらいで12袋(60kg強)ほど集まりました。
 
だいたい1kg400個らしいので、約24000個ほどになりますね。
800個でポリオワクチン1本分だそうなので、30本分になりますね。
洗って、シールはがして、箱に入れてくださっている皆さん、ありがとうございますっ! 
 
 
 
世界では、予防可能な病気が原因で、毎日2万6,000人を超える子どもたちが亡くなっています。
その中には、ワクチンを接種することで防げる病気もたくさんあります。
 
たとえば、はしか。
命を落とすような怖い病気という認識を持っている人はいないのではないでしょうか?
先進国といわれている国では、当たり前のように、子どもの頃に予防接種を受けられていて、
ほぼ100%予防可能な病気です。
でも、途上国といわれている国では、予防接種が受けられず、深刻な病気です。
 
 
子どもたちが予防接種を受けられない背景には、
 
①その国に予防接種のためのワクチンがない。または、あるいはワクチンを必要とする子どもたちに届けるための運搬手段がない。

②予防接種を受けるための保健センターなどの施設がない。あったとしても、その施設が家から遠く何時間も歩いて行かなくてはならない。                                              ③子どもの両親が予防接種について正しい知識を持たず、なぜ接種が必要か理解していなかったり、いつ、どこで行われるのか知らなかったりする。

といった原因があります。

他にも、ワクチンを保管しておくような冷凍・冷蔵倉庫が不足していたり、頻発しておこる停電への対策など様々な課題があります。

こういった課題を一つひとつクリアしながら、初めて、子どもたちにワクチンが届きます。

※世界の子どもにワクチンを日本委員会 ホームページより:http://jcv-jp.org/

※日本ユニセフ協会 ホームページより:http://www.unicef.or.jp/library/library_wdb08.html