2011年10月アーカイブ

痴漢撲滅キャンペーンに参加してきました!

こんにちは。山田です。 
 
10月24日(月)14時30分~15時、JR大阪駅ノースゲートビル2階のアトリウム広場にて、警察署主催による「痴漢撲滅キャンペーン」が催され、日本語学科の留学生3名がボランティアとして参加してきました!!
 
行ってビックリ!!
開会前から、「何だ?何だ?」と人が集まってきており、想像以上の人の多さとオープンな場所ということで、留学生も少しビックリ&緊張した様子でした。
bouhan1.JPG 
bouhan2.JPG 
開会前に警察の方と打ち合わせ中。 
今回、参加した学生はスウェーデンからの留学生が2名とアメリカからの留学生が1名。
各国の通勤・通学事情を聞いたところ、日本ほど電車は混雑しないそうで、
電車内での痴漢はあまり耳にしないそうです。

 
bouhan3.JPG 
 イコちゃんもキャンペーンに参加するため階段から登場!
 
 
 bouhan6.JPG
大阪府警音楽隊の方々が奏でる音楽とともに、 いよいよ開会!
5階まで、見学者で埋め尽くされています!
 
 
bouhan4.JPG 
学生たちが、関西の各鉄道のマスコットキャラクターたちとともに登場です。
 
 
bouhan8_1.JPG
留学生がインタビューされております!
警  察:「学校へは、何で通学されていますか?」
留学生:「電車です。」
警  察:「痴漢にあわないために気をつけていることはなんですか?」
留学生:「女性専用車両を利用するようにしています!」
 
 
 
bouhan5.JPG
電車内で痴漢にあわないために気をつけること、痴漢被害にあったときの対処法を実演中!
ちょうどこの日も朝から1名逮捕されたばかりとのことでした。
 
痴漢被害にあわないために・・・
★同じ時間、同じ場所に乗る人をねらっている人もいます。
いつも乗る電車と時間帯を少し変えてみましょう。
★乗る列車や車両を変えてみましょう。
★混んでいる車両は避けましょう。
★女性専用車両を利用しましょう。
★乗る前は周囲を警戒しましょう。
電車が来たのに乗らない人やキョロキョロと落ち着き無く周囲を見ている人 など。
★扉付近は避けて、座席の前付近に立ちましょう。
 
もし、痴漢被害にあったら・・・ 
★「やめてください」という意思表示をしましょう。
★手を振り払う、じっと顔をにらみつける、カバン等で犯人の手や身体を防ぎましょう。
★防犯ブザー、携帯電話のアラーム音を鳴らしましょう。
★乗車位置を変える、別の車両に乗り換えるなどしましょう。
★警察署や交番・駅に届けましょう。 
 
 
列車内や駅での痴漢被害の相談も、24時間受け付けておられそうです。
鉄道警察隊の女性警察官の方がお話を聞いてくださいます。 
その他にも、痴漢犯人に関する目撃情報なども受け付けておられます。 
列車内ちかん被害相談 大阪府警察本部 鉄道警察隊
TEL:06-6855-1234 
 
≪参照:大阪府警察のホームページ≫
 
 
bouhan7_1.JPG 
レクチャーの後は、防犯グッズを配布しました!!
 
 
 
帰り道、スウェーデンからの留学生が、
「日本の警察はこういったキャンペーンもするのですね。」と驚いていました。
母国の警察では、あまりこういった活動を目にすることがないそうです。
 
大勢の前に出ることは初めての体験で、とっても緊張していた様子でしたが、
留学生たちも、警察の方たちも、「楽しんで!」という思いがとっても伝わってきて、
みなさん、ステキな笑顔で活動していました。
 
 

大阪市北区の防犯ポスターに採用

こんにちハンサム男、鈴東です。

最近は暑かったり寒かったりでカゼ引いたりしていませんか?

服を選ぶのに迷うかもしれませんがくれぐれなも体調を崩さないようにして下さい!

 

さて、本題ですが山口学園の取り組んでいる「地域貢献」の授業内で作成した大阪市北区の防犯ポスターにECCコンピュータ専門学校の学生作品が採用されました!

 

クリエイターカレッジでCG映像クリエイターコースの学生さんが作成したポスターはこちら

 

 

 

 

 

poster_2.JPG

 

 

 

 

ちなみに詳しいことはコンピュータ専門学校のWebサイトのキャンパスニュースに担任の池澤先生のコメントも載ってあります!

http://comp.ecc.ac.jp/news/campus/detail.php?id=2193

 

こうやってどんどん専門性を活かして地域貢献が出来るって素晴らしいことですね!

私が学生のときもこのような授業があればなぁ…