2014年04月アーカイブ

タイムトラベル@小児科病棟クリスマス会

こんにちワーキングホリデー、社会貢献センターの鈴東です。

かなり暖かくなって来て、ゴールデンウィークの足跡が近づいてくるとともに、もう新年度が始まって1ヶ月も経つんだと思うと、年々早く年を重ねていく時間が早く感じる今日この頃、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

5月は心身ともに疲れが出る季節なので、あまり無理をせずボチボチやっていきましょう!!!

さて、本日は驚くなかれ、昨年の12月に行われた小児科病棟クリスマス会の報告を半年経った今、タイムトラベルとして皆さんにお伝えしたいと思います。

毎年恒例の社会貢献センター大人気イベント、小児科病棟クリスマス会が2013年度も行われました。 9月から準備に取り掛かり、小児科フロアは2つあるので、2グループに分かれて入院している子どもたちに笑顔を届けるアクティビティを企画します。

2013年度は計23名の学生が小児科病棟クリスマス会に申し込んでくれて、厳正な抽選により6Fチームと7Fチームに分かれます。

私は7Fを見させてもらいました。 最初の印象はフランクな学生が多い、あっという間に12人が仲良くなっていきました。

RIMG0013.JPG

学校やコースが違う学生が集まっているので、時間を合わせるのも一苦労。週2回お昼休みは定例MTGがありますが、アクティビティの練習、招待状の作成などやることはたくさん。

RIMG0002.JPG

RIMG00015.JPG

RIMG0035.JPG

RIMG0087.JPG

mudai.png

11月30日にはリハーサルを行い、外部団体様のお話を聞いたり、各フロアのアクティビティを見せ合ってお互いの進捗状況をチェックします。

DSC_3262.JPG

DSC_3266.JPG

そんなこんなでいよいよ12月20日を迎えました。 まずはドキドキ体温チェック、ここで37度を超えるとクリスマス会には参加できません。 今回は初めてサンタ役にネイティブの先生でなく、山口学園で学んでいる留学生が参加してくれました。

RIMG0102.JPG

スウェーデンから来た留学生は平熱が37度を超えているということで、当日の検温は緊張の一瞬… 何とか全員がクリアでき、早速練習へ

7Fチームは劇の中に手品や合唱、ハンドベルを入れながら子どもたちに楽しんでもらえるものを企画しました。 これまでも一生懸命練習してきた成果を存分に発揮する日、病院に入ってからもよりクオリティの高いものを届けようとギリギリまで準備します。

16-DSC_4274.jpg

35-DSC_4293.jpg

56-DSC_4314.jpg

そしていよいよ本番、会場の飾り付けから準備します。 まずクリスマス会が始まる前に子どもたちはサンタとの記念撮影を行います。 その写真をアーティスト専門学校の学生をはじめとする学生が書いてくれた、クリスマスカードの中に写真を貼って子どもたちにプレゼントをします。

また、写真を撮り終わった子どもたちが待っている間に楽しんでもらえるイベントも企画します。 ギターを鳴らしながらあるキャラクターのヒントとなる歌を歌い、そのキャラクターを当てる『ギター&クイズ』や英語も交えながら12月、1月の世界で行われている出来事についての3択クイズ、絵描き歌で子どもたちに披露します。

DSC_4507.jpg

DSC_4525.jpg

DSC_4549.jpg

そしてあっという間に子どもたちは集まり、クリスマス会がスタート。 学生が力を出し切ってくれるのを後方から見守ります。

やはり3ヶ月学生と一緒に作ってきたので、全力で一生懸命やっている姿がヒシヒシと伝わってくるため、見てるだけで感動します。 それに子どもたちの笑顔や親御さんの表情を見ていると、本当にこちらもエネルギーももらえます。

DSC_4588.jpg

DSC_4618.jpg

2013年度で一番印象に残っていることは、劇中に手品を行うシーンがあって、そこで失敗してしまったのですが、これまではがっかりした様子で笑ってしまっていたのに、本番ではとても自然に失敗と思わせないアドリブで乗り切った姿に本当に学生の力はすごいなと改めて感じました。

DSC_4568.jpg

DSC_4573.jpg

7Fチーム12人、6F、サンタ役の留学生もあわせて25人全員が力を出し切ってくれたおかげで、本当にすばらしい時間になったと感じています。

クリスマス会が終わった後はみんなグッタリ 全力を出し切った証拠ですね。

終わった後はもちろん振り返り、学生の声は以下になります。

・サンタさんとの写真撮影のときや劇を見てくれていた子どもたちやお父さん、お母さんの笑顔が印象的でした。

・練習期間のラストスパートでは、毎日それぞれ練習したりしていました。みんなも一生懸命がんばっているから私もがんばろうというモチベーションも上がり、いいチームワークができたと思います。

毎年想像を超える力を出し、子どもたちに楽しんでもらえるイベントもそれぞれ違ったカラーの物ができるので、本当に楽しいイベントです。

しかも、クリスマス会に参加してくれた子どもたちからメッセージももらえます。 子どもたちが一生懸命書いてくれたメッセージは本当に暖かく、ステキなものです。

byoin.png

また今年はどんな学生が参加してくれるか楽しみですね。 今年はいつもより早く、6月下旬ごろには説明会を行いますので、ぜひたくさんの人にクリスマス会に参加してもらえたらと思います。

以上、タイムトラベル@小児科病棟クリスマス会でした。

遅くなってすみません…