環境アーカイブ

2015年クリーン中崎町実施スケジュール

今年もクリーン中崎町を行っています。
毎月第3月曜日は軍手を持って済美中崎町コミュニティグラウンドに集合!!

 ★集合場所★ 
 済美中崎町コミュニティグラウンド
http://www.nakazakichohall.com/

 ★時間★
16:00~17:00頃

 ★持ち物★
動きやすく、汚れてもいい服装
季節によっては、防寒着・タオル・帽子 など 

 【年間スケジュール】
1月19日(月)

2月16日(月)

3月16日(月)

4月20日(月)

5月18日(月)

6月15日(月)

7月21日(火)
※祝日のため火曜日に順延します

8月17日(月)

9月14日(月)

10月19(月)

11月16日(月)

12月21日(月)

 変更が生じましたら、その都度こちらでご案内します。
今年もよろしくお願いいたします。

 

2014年クリーン中崎町実施予定日

今年もクリーン中崎町を行っています。
毎月第3月曜日は軍手を持って済美中崎町コミュニティグラウンドに集合!!

 ★集合場所★ 
 済美中崎町コミュニティグラウンド
http://www.nakazakichohall.com/

 ★時間★
16:00~17:00頃

 ★持ち物★
軍手
動きやすく、汚れてもいい服装
季節によっては、防寒着・タオル・帽子 など 

 【年間スケジュール】
1月20日(月)

2月⇒実施なし

3月17日(月)

4月21日(月)

5月19日(月)

6月16日(月)

7月22日(火)
※祝日のため火曜日に順延します

8月18日(月)

9月16日(火)
※祝日のため火曜日に順延します

10月20(月)

11月17日(月)

12月15日(月)

 変更が生じましたら、その都度こちらでご案内します。
今年もよろしくお願いいたします。

 

センターきれい化計画!!

こんにちは、井上です。

明日から本格的にゴールデンウィークに突入ですね!

学生たちからもワクワクが伝わってきます。

 

さて、センターでは毎朝30分掃除の時間を設けています。

現在集中的に行っているのはファイルの棚の整理。

 

そのファイルそのものが必要なのか、情報が古すぎないかで判断しいらない資料はどんどん捨てていきます。

FxCam_1365993740563a.jpg

 

4月の半ばから始めて今ではこれだけ減りました!

DSC_0077a.JPG

 

2段分相当がすっぽりと空きました!!

 

また、毎日みんなが使う給茶ゾーンは賞味期限切れのものもありこんな状況でしたが・・・・

FxCam_1365995608511a.jpg

 

お茶のビンのなかにラベルをつけたり、必要最低限にものを減らして今ではこんなにスッキリ快適♪

DSC_0078a.JPG

 

そして、今日はこちらが大変身!

今まではスタッフの出勤状況や休憩時間がほとんどの場所を占めていて、学生への情報がうまく伝えられていませんでした。

RIMG0003a_1.JPG

 

そこで!この表をこのホワイトボードにお引越し。

RIMG0001a.JPG

 

すると、学生への情報がこんなにたくさん貼ることができました!

RIMG0004a_1.JPG

 

わ~いわ~い(*'▽'*)♪

これで学生とのミーティングでもたくさん板書ができます!

 

このように日々少しづつですが、きれいに近づいていっているセンターです。

来室の際に変化に気づいてもらえると嬉しいです★

 

それでは、みなさんよいお休みをお過ごし下さい・・・♪

 

お仕事第一弾!

こんにちは。センターの井上です。

これからこまめに情報発信していくぞ!と個人的に決意いたしましたので連日ですがブログを書きます。

 

センターではスタッフそれぞれの個性や専門知識をお互いが知った上で「こんなことやってみよう!」と日々新しい企画が生まれていっています。

そんな中でイノウエのお仕事第一弾となったのが・・・ 3校+日本語学科の掲示板に「エコ新聞」を貼りだすこと!!

 

私は大学在学中に学内外の環境サークルに所属していて、それこそ学校生活よりも熱中して活動していました。

そのことを知っていてもらっていたので、今回この企画が立ち上がりました。

 

さて、それではどんな新聞を作ろうか?

堅苦しいのもイヤだし、学生にとってためになる情報を提供したい。

 

 春・・・

新学期・・・

新生活・・・

一人暮らし・・・

お金がかかる・・・(切実です)

 

そうだ! 一人暮らしを始めたとき、「絶対エコな暮らしを!」と意気込んでいた私。

でも、実はエコな暮らしってお金がかかることもあるし、毎日続けるにはちょっとしんどいこともあるんよなぁ・・・。

ってことで、「おさいふにもやさしくって、簡単なエコライフ」の紹介を第1号にすることにしました。

 生活に取り入れることで、どれだけお金が浮くのか、環境への影響はどうなのか。

ネットで調べたり、苦手な算数をしてみたりで出来た新聞がコチラ!!

 

  FxCam_1365657015703_2.jpg

なんともにぎやかな仕上がりになりましたが、色で目にとめてもらおうという作戦、ということで!笑

前回のブログで「販促企画やってた」とか書かなければよかった・・・。恥ずかしいです。

 

しかし、改めて調べてみるとおさいふにお得なことがあるものですね!

特にマイボトルなんかは絶対お得だと思います!

4500円の節約はかなり大きいと思いませんか!?

社会全体がエコにシフトできるような仕組みが必要なのだなぁと改めて感じました。

おさいふに訴えるのが1番効果的ですものね。 

 

現在は日本語学科の留学生に向けての簡易版を製作中です。

 

こんなふうに簡単でも定期的に情報を発信できたら・・・と思っています。

また最新号が出来次第アップしますね。

おたのしみに!

 

2010年度のクリーン中崎町、スタートです♪

4月19日(月)、今年度初のクリーン中崎町を行いました♪                                           

今年度から集合場所が変更になり、【済美公園】で待ち合わせです( ´∀`)                                                    平日の16時、公園には、ほのぼのとした時間が流れてました。                                                 ベンチに座って語らっている人、演劇?の練習をしてる人、                                                                  ケンケンパで遊んでる子や滑り台の上でDSしてる子ども、                                                  お母さん同士がお話をしてたり、公園の風景とでもいいましょうか、                                                       なんだか懐かしさを感じましたね( ´∀`)

clean_201004_1_1.JPG

この日は、山口学園からも、たくさんの学生の参加がありました。                                                                新入生だけでなく、在校生で初めてクリーン中崎町に参加した学生、                                  また、ECC国際外語専門学校のトラベルコースの1&2年生たちが、クラスみんなで参加!!                                                    清掃しながら、地域の方が、学生に地域のお祭りのことなど、いろいろと話をしてくださっていたようでした♪

clean_201004_2_1.JPG

clean_201004_3_1.JPG

最後に、恒例の集合写真。                                                                       遅咲きの桜が満開!キレイに咲いてました♪

次回は、5月17日(月)です。                                                            まだ参加したことがない方も、ある方も、ぜひご参加ください!

 

第1回中崎町キャンドルナイト速報

こんにちは。東口です。

本日の第1回中崎町キャンドルナイト速報です。

雨天時も、午後5時からもと済美小学校1階渡り廊下でキャンドルを灯しますので、是非、いらっしゃってください!「済美小学校ありがとう」の小さなキャンドル文字も観ていただけます。

地域の方々をはじめ、たくさんの協力者のおかげで3000個近いリサイクルキャンドルホルダーができあがりました!空き瓶やペットボトルが、一人ひとりの工夫でこんなに個性豊かな素敵なアートに生まれ変わるんだなと、一つひとつのホルダーを見つめながら感じています。

どんなものでも、そこに誰かの真剣な気持ちが加わると、たちまちキラキラとしたオリジナリティーが生まれてきて、ひとつの素晴らしい作品になって生まれ変わります。

夜になってキャンドルが灯されるとどんなにきれいだろう・・・と今からわくわくしています。

講堂の方では、午後4時から中崎町なつかし展が開催されます。中崎町の懐かしい写真も展示されていて、済美小学校第1期生(大正時代)の卒業写真を拝見したときには、感慨深いものがありました。地域の子どもたちの作品も展示されています!

午後6時半からのミニライブでは、各ステージで盛り上がったり、しんみりと聴き入ったり、それぞれのパーフォーマンスを通じて、フロアーのみんなの気持ちが繋がっていくひと時がつくられるのではないかと思っています。 

今回のキャンドルナイトでは、地域をつくってこられている多様な年齢層の方々~小さなお子さんから高齢者の方々まで~がみんなで一緒に準備してきています。このプロセスで学ばせていただくことがたくさんあります。そして小学校の存在が地域にとっていかに大切か・・・ということも実感しています。

キャンドルナイトのもつ意味をもう一度振り返りながら、ここ中崎町でのキャンドルナイトの意味を見つめ、今から最終準備に入っていこうと思います。 

 

 

 

 

 

 

 

フェアトレード関連~新サマサマニュース第59号

ECC社会貢献センターで委託販売として取り扱っているフェアートレード商品について、(学)山口学園の学生たちがその理念や仕組みについて理解を深め、行事などの際にも、活動が広がるように動いていっています。

フェアトレード関連の情報:新サマサマニュース第59号が届いたので、抜粋して皆さんにもお届けいたします。

『溶けやすいため夏場販売が控えられていたフェアトレード・チョコレート(すべて輸入)が店頭に並び始めました。なぜ溶けやすいのか?それはカカオの含有量が多いためです。チョコレートの国際規格(コーデックス規格)では、95%以上カカオを含むものだけをチョコレートと規定していますが、日本の規定では15%でよしとしています。そのため、日本では年中チョコが販売され、フェアトレード・チョコレートは涼しい季節だけになるわけです。最低価格保証、輸入品、そしてカカオの含有量。この3つが重なり、日本ではどうしてもフェアトレード・チョコレートの価格が高くなるわけです。

◆イギリス政府がフェアトレード推進に17億円◆

イギリスでフェアトレード・ラベルが採用されるようになって15周年になりますが、イギリス政府は今後4年間で1200万ポンド(約17億円)をフェアトレード財団と国際FLOに資金提供すると発表しました。イギリスでは、2008円フェアトレード製品の売り上げが43%も伸び、現在4500種類の製品が買えます。またその認知度も9月の調査によれば72%にアップし、2万5千世帯の人々が、経済不況にもかかわらず以前より多く、フェアトレード製品にお金をかけていると報告されています。フェアトレード財団http://www.fairtrade.org.uk/

◆フェアトレード関連イベント紹介◆

①フェアトレードのまち岡本~うりぼうと一緒にお散歩しましょ~

日時:2009年10月31日まで

神戸市の岡本にはフェアトレードのお店がいくつかあります。そのうちの3店舗でオリジナルの岡本バッジをつけて10月にお買い物をすると参加全店にて全商品5%オフ。詳しくはhttp://www.sisam.jp/

②甲南大学のフェアトレードイベント『ここじゃないところ』JAZZ×旅写真

日時:2009年10月24日(土)旅写真10:00~17:00.JAZZ14:00~15:00

会場:甲南大学 甲友会館

(甲南生協で期間限定、書籍部でフェアトレード関連書籍:10月22日~11月18日)

③第4回いのちはめぐる

日時:2009年10月25日(日)10:00~16:00

会場:高津神社(大阪市中央区高津1丁目)http://www.kouzu.or.jp/map.html

お問い合わせ:INE あいねhttp://www.fairtrade-osaka.jp/

④シャプラニール全国キャラバン~子どもの時間をとりもどす~

日時:2009年11月8日(日)13:30~16:30

会場:ドーンセンター(大阪市中央区大手前1丁目)

「バングラデシュの家事使用人として働く少女への支援活動」をテーマにシャプラニール・ダッカ事務所長藤岡恵美子さんが講演をします。http://www.shaplaneer.org/caravan/ 』

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんなものが・・・出ています!!

 

スタッフ~のヤマダです。

インターンの井上さんの勢いをいただき、ヤマダもブログをあげていきたいと思います。 

 

 

何が “出た!” かといいますと・・・、

1つ目は、「芽」です!! そうです、発芽です!!!

 

昨年11月に、【地球人の集い】というイベントを実施し、その際に、                       

Earthwalkerの中渓宏一さんと一緒に “どんぐり” を植えました。

そのイベントに参加してくださった何名かの方から、

「芽が出てきました~!」とご報告をいただいています。

今日は、その中のお一人から写メール&メッセージをいただきましたのでお届けしますね 笑う

donguri.jpg

 

 

 

 

 

 

 

芽出たい!芽出たい!
小さなドングリから立派な苗。
家の小さな庭の片隅でいつの間にか…。
新しい緑の誕生がこんなに嬉しいなんて!
自分でまくと 自分の子どもみたいで愛おしい!

来年あたりには、地球に直植樹ができそうで楽しみです!!

どんぐりを育ててみたいなぁ~と思われる方は、「どんぐりの育て方」をご覧ください★

種類によって帽子のカタチも違って、どんぐり拾いからおもしろいです! !

 

 

 

2つ目の “出た” は、「本」です!! そうです、「出版」です!!!

【地球人の集い】にもゲストスピーカーとして何度か来てくださっている、

国内外で木を植えながら歩いているEarthwalkerの中渓 宏一(なかたに こういち)さんが

書かれた本が出ました!!

 

中渓さんは、商社マンだった頃に、たくさんの国へ長期出張を経験されました。

そして、「地球人としての常識って一体なんだろう?地球のどこででも生きていける人になりたい!」と

退職され、世界放浪の旅に出られました。

旅を始めて3年が経った頃、旅先の南アフリカで、「21世紀に亡くなった1億人の鎮魂のために

1億本の平和の樹を植えながら歩いている」ポール・コールマンさんに偶然出逢います。

この出逢いから、中渓さんの木を植えながら歩く旅の一歩が始まりました。

今も日本縦断の旅の途中で、現在は、「日本のへそ」付近を歩いているそうです。

旅の様子はこちらのブログから:http://earthwalkerjp.cocolog-nifty.com/

 

私はまだ読んでいないのですが、また、このブログに感じたことを書かせていただきたいと思います。

センターにも1冊献本いただきましたので、「本屋さんに行ったけれど売り切れていた!」という方は、

ぜひセンターまでお越しください★

book.jpg  

 

ゴアさんノーベル平和賞受賞で思ったこと。

みなさまお元気ですか。センタースタッフの藤本です。今日はどんよりとした曇り空のもと起床しましたが、お天気とは対照的に、心なしか寝覚めが良く感じました。それというのも、昨日、低反発マットレスというものを購入し、早速ベッドに敷いて寝床に就いたのですが、なかなかの心地よさに期待を膨らましていたのです。結構な出費でしたので、無理やりにでも「効果有り!」と思いたいからかもしれませんが・・・。そんなことはともかく、旧聞に属する話で恐縮ですが、ゴアさんがノーベル平和賞を受賞しましたね。「人為的な地球温暖化を共通認識とし、対応を促した」というのが評価された点だそうです。ノーベル平和賞と聞いて思い浮かんだのが、佐藤栄作元首相とマザーテレサくらいなので、少し勉強のためと思い高校生対象の倫理の参考書を開いてみますと、有名どころからそうでない方(私が知らないだけですが)まで、いろいろな人物が名を連ねていますが、ひときわ印象に残る人物がいらっしゃいました。シュヴァイツァーという方ですが、お恥ずかしい話、初めて耳にするお名前です。名は体をあらわすと申しますが、写真から受ける印象は、剛直そうなお顔立ちをされております。神学者であり、哲学者・医師・音楽家の顔を持つこの方は「30歳までは学問と芸術に生きることが許されているとしても、それからのちは、直接人間に奉仕する道を進もう」と、赤道アフリカ地方の医療奉仕に一生をささげようと決心した人です。この方のことばに「生を維持し促進するのが善であり、生を破壊し生を阻害するのは悪である」というものがありますが、現在の環境問題を解決する上での人類が拠って立つべき基本理念であるように私には思えます。この方が当時から現在の環境問題を少しでも予見していたかどうかは私には知る由もありませんが、人間が追い求めるべき倫理観は時代を越えて共通するのだという思いを強くしました。、ちなみにこの方も1952年にノーベル平和賞を受賞されています。
 

中崎町の人々とともに・・・

こんにちは。東口です。 先日、フェアトレード商品の販売で参加させていただいた地域の夏祭りを通じて、ますます地域の方と繋がりながら活動を創っていきたいと感じるようになりました。 山口学園3校がお世話になっている地域で、地域の方々の声を聴きながら、一緒に町づくりにコミットできればいいなと思います。学生たちも、世代や立場の異なる方々との交流から学ぶことは多くあると感じます。 夏祭りで知り合った方が、クリーン中崎町のことをお知りになり、社会貢献センターのスタッフとともに、地域の掃除をしてくださいました。ひとりの学生の声で始まったクリーン中崎町に、地域のコンビニの方や居酒屋さんが参加してくださるようになり、そして、今回は、中崎町に1年前に引っ越してこられて、9月に出産を控えておられるSさんが参加してくださいました。次回、社会貢献センターにいらっしゃるときには、子育てのお話ができそうでとても楽しみです。 中崎町のおばあちゃんにもおじいちゃんにも、おじさんにもおばさんにも、若者にも、子どもたちにも、留学生にも、在住の外国人の方々にも、妊婦さんにも、子育て中の方々にも、他にも、いろいろな方にも、今よりたくさんの笑顔がみられますように!
 

私にできる10の事(ten things to do)

こんにちは、東口です。 昨年出版されたアル・ゴア氏の「不都合な真実」にひき続き、より読みやすい本として「不都合な真実~地球温暖化の危機 ECO入門編」が出されました。 「不都合な真実」の中でも提唱されている『私にできる10の事(ten things to do)』について、再度、確認しましょう! ★省エネルギー型の電化製品や電球に交換しましょう。 ★停車中は、エンジンを切り、エコ・ドライブしましょう。 ★リサイクル製品を積極的に利用しましょう。 ★タイヤの空気圧をチェックしましょう。車の燃費基準を上げれば、無駄なエネルギー消費を防げます。 ★こまめに蛇口をしめましょう。水道の送水に使用されるエネルギーを削減することができます。 ★過剰包装、レジ袋を断りましょう。買い物は、リサイクル・エコ・バッグを使いましょう。 ★エアコンの設定温度を変えて、冷暖房のエネルギー削減をしましょう。 ★たくさんの木を植えましょう。1本の木は、その生育中に1t以上の二酸化炭素を吸収することができます。 ★環境問題について、もっと学びましょう。そして、学んだ知識を行動に移しましょう。子どもたちは、地球をこわさないで、と両親に言いましょう。 ★『不都合な真実』を観て(または読んで)地球の危機について知り、友に勧めましょう。 《引用:『不都合な真実~地球温暖化の危機 ECO入門』アル・ゴア著、枝廣淳子訳、ランダムハウス》
 

小学校での『4R』

こんにちは。東口です。 小学校5年生の息子の通う小学校では、環境についての教育がとても身近なものとして行われています。先日も、『4R:Refuse(断る), Reduce(減らす), Reuse(再使用), Recycle(再利用)』について、「各家庭で、今、していること」と「これからできること」をまとめて発表するという宿題がありました。 「買い物にはマイバッグを持っていく」「外食にはマイ箸を持っていく」「牛乳パック・ビンなどを地域で集めて再生する」「壊れたものは修理をして使う」など、今、行っていることを、あれこれと家族で出し合いました。教室でも、行動に移していけるいろいろなアイデアが出されたようで、子どもたちの柔軟な発想力で「これからできること」もまだまだ増えてきそうです。 また、小学校独自のプロジェクトとして、卒業証書をケナフから再生するという取り組みが続いています。5年生がリーダーになり、4年生以下の子どもたちと一緒に、毎朝、当番で水やりをし、大きく育てたケナフを紙すきし、卒業証書をつくります。校長先生が、その卒業証書を一枚一枚手書きで仕上げていかれ、卒業式当日に6年生に手渡されるというプロセスがみられます。時間をかけて創っていく体験のプロセスに、子どもたちが育てられているなあと感じます。 地球環境の持続を考えて、山口学園内外でできることも、たくさんありますよね。 ★使用していない教室・施設の電気を消す ★お弁当を買うときに、マイバッグを持っていく ★割り箸は使わず、マイ箸を使う ★不要になったものは、それを必要な人に使ってもらう ・・・この続きは、それぞれ考えて、出してみてください!みんなでアイデアを持ち寄ってみませんか?
 

アースデイ北海道~中渓宏一さんより

ECC社会貢献センター&学生相談室本部の東口です。社会貢献センター&相談室&保健室のメンバーとともに、皆さんの心身の健康と自己実現を応援しています!これから、いろいろなメッセージを発信していこうと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。 北海道に滞在しておられるearthwalker中渓宏一(なかたにこういち)さんと、久しぶりにお電話でお話をしました。今、北海道の屈斜路湖はアースデイの真っ最中で、地球環境を、命を大切にしようという思いで繋がっている人々が続々と集まってきているとのことです。 福岡県星野村から運ばれてきた平和の灯のキャンドルナイトの様子が、北海道新聞の一面にも掲載されたようです。6月末まで「アースデイ北海道」は続くので、合流できる方々は、是非、屈斜路湖へ!! 私は、大阪(職場)と奈良(自宅)で、空と木々と大地を見つめ、太陽の光と風を感じ、一人ひとり・一つひとつの命が大切に育まれる地球環境を祈り、日々できることを積み重ねながら過ごしたいと思います。 中渓さんと一緒に植えた山口学園のオリーブの木は、3校それぞれの土に根をはり、それぞれのペースで育っています。「平和」の象徴でもあるオリーブの木を見つめながら、個人も組織も社会もPEACEな状態でいられるように、日々を創っていきましょう!!