その他アーカイブ

6月度のイベント情報

こんにちは。
センターの井上です。

5月度よりもさらにイベント盛りだくさん!
6月度のイベント情報をお伝えします。

関心のある活動があればぜひ気軽に参加してくださいね~♪

201506calender.jpg

 

5月度のイベントカレンダーを更新しました!

こんにちは。
センターの井上です。

 明日からGW突入ですね!
お天気もよさそうですし、それぞれに楽しい思い出ができればと思います。

さて、GWが明けたらセンターのイベントが目白押しです!
先日アップしたものからさらに活動が増えていますので、ぜひぜひ興味のあるものに参加してみてくださいね!

201505calender.jpg  

 

5月度のイベント情報

こんにちは。
センターの井上です。

新年度を迎え、早1ヶ月が経とうとしています。
GW後にはセンターの定例の活動が再開します。
今年度からの新しい活動もありますので、ぜひ参加してくださいね! 

%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC5%E6%9C%88%20%28640x452%29.jpg

 

 

2月のイベント情報

こんにちは。
ECC社会貢献センターの井上です。

2月に入りましたね。
卒業生は学校に通う日もあとわずか。
センターではテスト終了後も参加できる活動を用意しているので、ぜひいつでも参加してくださいね!

  calender15.2 (640x452).jpg

 

1月のイベント情報変更

こんにちは。
センターの井上です。

先日こちらでお伝えした1月のイベント情報ですが、変更がありましたのでお知らせします。
変更になったのは「病棟飾りつけ作り」の実施日です。

再度ご確認をお願いします~!

carender201501%20%28640x452%29.jpg

 

 

 

1月のイベント情報

明けましておめでとうございます。
国際、アーティストでは今日から授業がスタートしましたね。
今年度のラストスパート、悔いのないように楽しみましょう!

1月のスケジュールをお知らせします。
あっとほーむ、手話do場、病棟飾りつけ作りは1月で今年度の活動は終了です。
「興味はあるけど、参加したことがなかった!!」という人はぜひ参加してみてくださいね。
もちろん「いつも参加してるよ~!」という人もお待ちしています♪

楽しい思い出を作りましょうね~★

carender201501.jpg

 

 

11月のイベント情報

みなさん、こんにちは

センタースタッフの鈴東です。

急に寒くなってきましたね。 と言いながらも週末は夏日くらいまで気温が上がるそうで、寒暖の差が激しいので、体調気をつけてくださいね。

先日鈴東は友人と食事に行きまして、色々お話をしていたのですが、自分がどうしたいと言うビジョンを描くことは大事なんだと改めて実感しました。 場作りにおいて、雰囲気を作るのも大切ですが、どんな場にしたいかという明確にすることも必要なんだと話をしながら感じました。

さて、11月も社会貢献センターでもイベントが盛りだくさん calender.jpg

①ベトナム教室 内容:ベトナム人留学生によるベトナム語や文化のレッスン。 場所:国際外語専門学校506教室

②病棟飾りつけ 内容:病棟内に飾り付ける季節の飾りを作成します。 場所:国際外語専門学校701教室

③あっとほーむ 内容:みんなで話したり、毎週色々なアクティビティもあって、第2の家の様にくつろげる場所。 場所:コンピュータ専門学校206教室

④授業内会話ボランティア 内容:日本語を勉強している留学生の授業の中で様々なトピックでお話します。 場所:国際外語専門学校2号館1階ロビー集合

⑤手話Do場 内容:楽しみながら手話を覚えよう 場所:コンピュータ専門学校204教室

⑥クリーン中崎町 内容:中崎町地域の清掃活動 場所:15:40社会貢献センター集合

またわからないことや聞きたいことがあれば社会貢献センターに来てください。 皆さんの参加をお待ちしています

 

【中間報告】ペットボトルキャップ回収結果!

こんにちは。
センターの井上です。
この三連休、みなさんはどのように過ごしましたか?
私は敬老の日ということで、数ヶ月ぶりに祖父に会いに行ってきました~。
80代なので、身体に抱えるものはありつつも元気にしていたのでよかったです。

さて、先日e-kotonet様にお渡ししたキャップとプルタブの数、そしてワクチン数量が分かりましたのでご報告します!!!

重さ:58.9kg!
個数:23,560個!!
ワクチン数:14.7人分!!!

すごい!すごい数が出ました!!!

また2010年からお渡しした数の累計はなんと!

重さ:261.9kg!
個数:104,760個!!
ワクチン数:105.7人分!!!

さらにすごい数字です!!!

これもキャップ隊のがんばりのおかげです。
みんな本当にありがとう!

活動期間は残り3日間!
5箱まで減ったキャップを洗いきることが出来るのか!?
最後までみんなのご協力をよろしくお願いいたします!!!

おまけ♪
連日キャップ隊に参加してくれている隊員が天王寺動物園のお土産★と言ってプレゼントしてくれました。
ありがと~!
なにやら私のイメージはライオンらしいです。笑
少し複雑な気持ち・・・。 
すぐにガーガー怒るところを改めようと思った瞬間でした。 

FxCam_1410842045072%20%28480x640%29.jpg  

 

ペットボトルキャップとプルタブを引き渡しました!

こんにちは。
センターの井上です。

とても心地よい季節になってきましたね。
昨日今シーズン初のさつまいもを食べました~♪
味覚からも秋を楽しんでいきたいです。

 さて、毎日活動中のペットボトルキャップ洗い隊が頑張った成果を昨日引渡ししました。

RIMG0004 (640x480)_1.jpg

山口学園に集まったペットボトルキャップとプルタブは「e-kotonet」様にお渡ししています。
e-kotonet様のホームページはこちら。
http://www.sactown.jp/happy/smile/e-kotonet/od010010/index

e-kotonet様にお渡ししたキャップは 換金後JCV世界の子供にワクチンを日本委員会様や日本ユニセフ協会様を通じてこどもたちにワクチンとして届けられます。

8月から急遽始まったこの活動ですが、これだけのキャップを洗い上げました!

RIMG0001 (640x480)_3.jpg  

 この写真の中にはプルタブもありますが、後ろに移っている段ボール箱にもぎっしりとキャップが詰まっています。

 キャップ隊のみんなの頑張りあって、これだけたくさんあったキャップが・・・

RIMG0001 (640x480)_1.jpg  

 

残りこれだけになりました!!

RIMG0002 (640x480)_1.jpg

残り7箱です!(パチパチパチ)

この活動は来週いっぱいで一旦終了とします。
1週間で何とか洗い切れるかどうかという量です。
ここまできたら洗いきりたい!
引き続き隊員を募集しています。

みんなで大きな達成感を味わいましょう!!
ご協力をよろしくお願いいたします!

 

本棚かたづけ隊!

こんにちは。
センターの井上です。

 キャップ洗い隊が活躍する中、新しいチームが発足しました!
その名も「本棚かたづけ隊」!!!

 センターには幅広いジャンルの本が多数置かれているのをご存知ですか?
心理や教育など専門的な本から、写真集・絵本など手に取りやすい本まで各種様々です。
また、本だけでなくDVDなどの映像資料もあります。
この本やDVDをもっと学生や先生たちに手に取ってもらいたい!と思い、読みたい本を探しやすい整った本棚を目指して昨日から活動を始めました。

 まず、本のジャンル分けを考えました。
細かくしようと思えばどれだけでも細分化できるジャンルですが、なんとか13カテゴリーに絞ることができました!

 それが終わったら、古い本や雑誌を捨てて大まかにジャンルわけしていきました。

 長年そのままにされていた本棚は埃だらけ!!
掃除をしながら・・・

  RIMG0001 (640x480)_2.jpg  

 

本を並べ替えていきます。

RIMG0004 (640x480).jpg  

 

 お手伝いしてくれた学生は幅広い知識が豊富で、スムーズに作業してくれました。
ありがとう!!

 これから表示や、手に取ってもらうための工夫を一緒に考えながらセンター内の図書コーナーを親しみやすいものに変えていきたいと思っています。
本が好き!整理整頓が得意!!という人がいればぜひ「本棚かたづけ隊」に参加してください。

 変わっていくセンターをお楽しみに♪

 

帰ってきた!ペットボトルキャップ洗い隊 ~まさかのシーズン2~

こんにちは。
センターの井上です。

夏休み前にその大活躍ぶりを毎日お伝えしたペットボトルキャップ洗い隊ですが、
なんと!まさかのシーズン2が始まっています!!

それは、夏休み明けのこと。
センターの掃除のために普段使わないものを屋上にある倉庫に上げようと久しぶりに倉庫の扉をひらくと・・・。
そこには「シールチェック・洗浄 未」と書かれた箱・箱・箱!!!(たまに袋!)
それは紛れもなくペットボトルキャップの山でありました・・・。
目測で夏休み前に洗った量の2~3倍はあると思われるその山。
「1人で洗うなんて無理・・・!!!」と思い、キャップ洗い隊を再結成する決意をしたのでした。

そして週明けの昨日、久しぶりに隊員たちが集まってくれました!

 

RIMG0012 (640x480)_1.jpg  

 

慣れた手つきで、おしゃべりをしながらもサクサクと作業してくれました。

約5時間作業してくれた結果、たくさんのキャップを洗うことが出来ました!

 

RIMG0015 (640x480).jpg  

 

 新隊員も加わって、時にはしりとりをしながら、時には女子らしく恋バナ★をしながら楽しんで作業してくれたようです。
みんなありがとう!

そして気になる残りのキャップの量はというと・・・。
こちら!!

 

RIMG0001 (640x480)_1.jpg  

 

  ・・・すんごいボリュームです。

  目標は国際のSIC開始前に終わらせる!という無謀な計画なので引き続きお手伝いが必要です。
1時間だけでも出来るよ~、という人はぜひ助けてください。
日程などは以下!

日にち
9月3日(水)~5日(金)

時間
11:00~18:00の来れる時間

集合場所
ECC社会貢献センター

備考
汚れてもいい動きやすい服装で来てください☆

みんなでこの山を洗いきって達成感を味わいましょう~!!!

 

結果発表~♪

連日どうも、センターの井上です。
今日2日間に渡って洗い、そして乾かしたキャップをすべて袋詰めしました~。

最終日の今日も1人お手伝いに来てくれました!
ありがとう!!

RIMG0003 (640x480).jpg  

 では、気になる結果発表です!
今回2日間であらったキャップはすべてでこちら!!

RIMG0002 (2) (640x480).jpg  

ど・ど~ん!!!!

気になるその重さは・・・?

1日目 15.6kg
2日目   8.0kg
合計  23.6kg

でした!

 わぁ~~~~!!!!(パチパチパチ★)

 と、いうことはですよ?

1kg=約430個なので、10,148個!
1kg=15円なので、354円。
15円のうち寄付されるのが10円なので、236円が寄付されます。
ワクチンは1本20円なので11本のワクチンを購入できます!

すごいですね~!!

みんなの頑張りのおかげです。
改めて、みんなありがとう!

明日からセンターはお休みに入るのでお休み明けに業者さんにお渡しします。

お休みが明けたら日本語学科の授業内会話ボランティアが立て続けにあるし、これからも引き続きみんなの力を貸してください。

ペットボトルキャップ洗い隊、大成功~♪

 

【御礼!】キャップすべて洗い終わりました!

こんにちは。
センターの井上です。

めっちゃマメに更新してますね。笑
そうしたくもなるってもんですよ!
だって連日急な呼びかけにも関わらずキャップ洗い隊に参加してくれている人たちがいるのですから・・・!

今日は2名の学生と、なんと卒業生も1名参加してくれました!!
ありがとう~!!!

11:00頃から作業を始め、まずは昨日のキャップを袋に入れるところから。
あれだけの量だったので、これだけで30分くらいかかりました・・・。
それから洗い、並べ・・・を繰り返し、15:00ごろにはついに!!!

すべてのキャップを洗い、並べ終わりました~~~!!!

RIMG0002 (640x480).jpg

 

みんなの協力あってこそ!
ありがとうございます!!

今回改めてみんなの力のすごさを感じました。
正直に言うと「来てくれる人いるのかな・・・」って不安だったんです。
でも結果6人も来てくれて。
すごく嬉しかったです。

明日、乾いたら重さを量ってこちらで報告しますね。
お楽しみに!!!

 

キャップ洗い隊!!

こんにちは、センターの井上です。
昨日募集した「キャップ洗い隊」ですが、な・なんと!!
昨日の今日で4人もの隊員が参加してくれました!!!!!
なんというボランティア精神・・・。
感涙でございます。

ではでは、活動の様子をさっそくレポート♪

まず、水で洗います~。

RIMG0004 (480x640).jpg  

ちゃぷちゃぷ、とね。
意外とこれだけでも汚れが取れるものです。

 

RIMG0008 (480x640).jpg  

 洗ったらクーラーボックスに移して~♪

 

RIMG0001 (640x480).jpg  

ひたすら並べる!!!!

 

これの繰り返し。

トイレと部屋の往復を5回はしたでしょうか・・・。
途中、休憩もしつつ、おしゃべりもしつつ洗い・並べ続けること4時間あまり・・・。

これだけのキャップが洗えました!!!!

RIMG0012 (640x480).jpg  

 じゃーん!!!

 

あまりにもすごい量に学生と大喜び!!!

また、写真には写っていませんが、3人娘が来てくれる前には男の子が1人来てくれて、外のホースを使って洗いましたよ~。
・・・蚊と格闘しながら。笑
ムヒがなくて申し訳なかった・・・。

ペットボトルキャップは1kg(約430個)で15円になるそうです。
ポリオワクチンは1本20円。
数は数えられていませんが、少なくとも1kg以上はあるはず!!!!

 昨日これだけあったキャップ。

cap.jpg  

 

 みんなの頑張りの甲斐あって、残りこれだけになりました!

RIMG0017 (640x479).jpg  

 すごーい!!!(パチパチパチ★)

 

この残りもぜひ、学生のみんなと洗いたいので、少しでも時間があるよ~という人はセンターまでご連絡ください♪
お待ちしています!

 

 

 

【急募!】ペットボトルキャップ洗い隊♪

こんにちは。
センターの井上です。

今日はみなさんに大急ぎのお願いがあります。
みなさん、ペットボトルキャップがワクチンになることを、知っていますか?
そのものがワクチンになるのではなく集めたキャップを回収協力団体に渡し、その売上金でポリオワクチンを購入して開発途上国のこどもたちに届けよう!という運動があります。
センターでもペットボトルキャップを集めているのですが、学生だけでなく先生方、地域の方、また卒業生にもご協力いただいて前期もたくさんのキャップが集まりました。

このキャップを回収団体に渡すまえにしなければならないのが、キャップの洗浄です。
キャップって意外と汚れているんですよ。

今回協力してもらいたいのはこの洗浄作業です。
1人で出来るかな~、と思っていたんですが今日改めてみてみると「・・・これは無理だわ」というほどの量だったので・・・。

どれくらいかというと・・・・

これくらい!!!!!!

 

cap.jpg

 ドーーーーーン!!!

ダンボール1箱+ゴミ袋3袋分です★

このキャップ洗浄を手伝ってもいいよ~という人をただいま絶賛募集しています!

以下の日程でやろうと思っています。

日にち
8月6日(水)、7日(木)、8日(金)

時間
11:00~18:00の来れる時間

場所
ECC社会貢献センター

備考
汚れてもいい動きやすい服装で来てください☆

ワイワイとお話ししながら楽しくできたらいいなぁと思っています。
皆さんの参加をお待ちしています!!!

 

8月のイベント予定

こんにちは。
センターの井上です。
学生たちは夏休みに入り、静かな校内です。
毎度毎度のことですが、長期休暇になると寂しいです・・・。
梅田に遊びに来たついでに寄ったよ!とかも大歓迎なので、いつでも遊びに来てくださいね~。

さて、明日から8月!
お盆明け以降にはなりますがいくつか活動があります。
なが~い夏休み、やることないわぁという人はぜひぜひ参加してくださいね。

201408calender.jpg

※8月度のクリーン中崎町はセンター閉室中のためスタッフは参加しません※

日本語学科授業内会話ボランティアが3日間計5回あります!
この機会に普段出来ない体験をしてみるのはいかがでしょうか?
詳しい募集内容はこちらをご覧ください。
http://npo.ecc.ac.jp/blog/2014/07/8.html

 まだまだ夏休みは始まったばかり!
楽しい思い出いっぱいの時間にしましょうね。

 

7月のイベント予定

こんにちは。
センターの井上です。

遅ればせながらですが、7月のイベントスケジュールをお知らせします。

calender_jul.jpg  

今月はイベントが盛りだくさんでした。
その中でも、なんと言ってもたこ焼きパーティ!!
約40名の学生と卒業生が集まって、大変にぎわいました。
その様子は近々学生からレポートしてもらいますね。

今週は前期最後の手話do場とあっとほーむがあります。
そして来週は同じく最後のクリーン中崎町です。

 ぜひぜひ参加してくださいね!

 

6月度のイベント予定

こんにちは。
センターの井上です。
昨日に引き続きの更新です!

センターには既製品のカレンダーがなく、毎月エクセルでポチポチとつくっています。
そのカレンダーをもう少し分かりやすくして、色んなイベントに参加してもらおう!と思い作り直したものがこちら!

june500.jpg

なんだか楽しげなカレンダーが出来ました♪

今週は手話do場とあっとほーむがあります。
5月から始まったこれらの活動もだんだんと参加学生が増えてきました。
時には卒業生が顔を出してくれることもあります。
いろんな人と交流したい!という人はぜひ一度参加してみてください。

みなさんの参加を楽しみにしています!

 

「梅田・堂山町の駐輪場「ウメチャリ」壁面アート化大作戦!」ボランティア募集のおしらせ。

皆さんはじめまして 5月7日~9月3日までの間10日間のインターンシップをECC社会貢献センターでさせていただいている、高校2年生のIです。よろしくお願いします。

今回は、キタ歓楽街環境浄化推進協議会さまが中心に行っている、「梅田・堂山町の駐輪場「ウメチャリ」壁面アート化大作戦!」のペンキ塗りのボランティアをご紹介します。

梅田・堂山町に昨年3月、地域で運営する駐輪場「ウメチャリ」が出来ました。 ところが、駐輪場を囲む壁面に落書きをされてしまい町の美観を損なっています。 落書きは放っておくと犯罪の温床にもなってしまうので、その落書きを白ペンキで消すことになりました。

しかし、ただ消すだけではまた落書きされてしまうかもしれないので、その上にワクワクするようなアートを書こうと言うことから、この「梅田・堂山町の駐輪場「ウメチャリ」壁面アート化大作戦!」が始まりました。

このプロジェクトでは、壁面アートを完成させるために一緒にペンキで塗ってもらえる方を募集しています。

あなたの手で町を元気に明るく塗りませんか?

◆日程 5/17(土) 5/24(土)5/31(土)

◆時間 13:00~15:00(出入り自由)

◆内容 アーティストが描いた下書きにペンキで色を塗る。

◆場所 大阪市北区堂山町8-3

◆注意 当日はペンキで汚れる可能性がある為、汚れてもいい服装でお越しください。 壁面アート製作中には取材が入る可能性があるため、あらかじめご了承ください。

◆facebookページ →https://www.facebook.com/umechari.art

◆参加するには ECC社会貢献センターまで参加の意思をご連絡ください。

みなさんで歓楽街のど真ん中にワクワクするアートを完成させましょう!

 

edge2014ボランティア募集

こんにちは。
センターの井上です。

今日は大阪でも雪が降るのだとか!
とっても寒いくて思わず悲鳴をあげてしまいそうですね。
こんな日こそあたたかいものを食べて寒さに負けない身体を作りましょう。

さて、真冬あつーいイベントといえば「社会起業家を目指す若者のためのビジネスプランコンペ edge」です!
昨年の7月よりエントリーが始まり、合宿や複数の審査を経て勝ち残ってきたファイナリストたちが最後のプレゼンテーションに挑みます。

edgeでは、彼らの晴れ舞台を支えるボランティアを募集しています。
「社会起業家ってなに?」
「なんだか難しそう・・・」
そんな人にこそぜひ参加してもらいたいです。
ボランティアスタッフだからこそ知れることもたくさんあります。
ぜひ参加してみてください♪

【edgeビジネスプランコンペ2014ファイナル(最終選考会)】

■活動日程
2月15日(土)9:30~18:00頃

■活動場所
兵庫県公館
住所:神戸市中央区下山手通4-4-1

■活動内容
運営の補佐(受付、誘導など)

■募集締め切り
2月7日(金)
※応募人数に余裕があれば、締め切り後でも受け入れの可能性あり

■申し込み方法
me-rise@me-rise.comまで下記の内容を明記してメールしてください
1、名前 2、所属(学校/会社など) 3、電話番号 4、メールアドレス

■お問い合わせ先
NPO法人みらいず本部事務局
06-6683-5533
担当:藤川・田中

 

ミンナDEカオウヤ@大阪府立大学 準備編

こんにちは。

今回はいつも更新してくれているまっすーに変わり、同じく学生のしょこらがお伝えします。

 

112日に大阪府立大学の学祭である白鷺祭でボランティアセンターの方々がミンナDEカオウヤを出店されました。

そして私たちECC7月にミンナDEカオウヤに参加してくれたボランティアメンバーも何名か販売に参加してきました。

 

今回は当日までのミーティングの様子や、今回販売する商品の中の1つを製造、(販売)している作業所、コッペさんに電話でお話を伺ったときの様子をお伝えしようと思います。

 

《ミーティング編》

 

学校自体が離れていて、集まってミーティングをするのが困難ということで、お互いのお昼休みの時間帯にSkypeでミーティングを行いました。

 

そしてお互いのメンバーが集まれる日に梅田のスカイビルにあるミンナDEカオウヤで顔合わせと試食会を行いました。

 

1ヶ月弱という短い期間したがしっかり打ち合わせをし、当日に臨むことが出来ました。

 

 

《インタビュー編》

 

1031日、お昼休みにセンターに集まって、今回販売する商品の中でクッキーを製造、(販売)しているコッペという作業所の方に電話でお話を伺いました。

 

junbi0001.JPG

 

事前に質問をいくつか考え、当日参加できなかった留学生の女の子、ベッキーが電話で直接インタビューをし、その周りで他のメンバーが聞いてメモを取るという感じで行いました。

 

junbi0002.JPG

junbi0009.JPG

 

コッペの担当者の方は質問に11つ丁寧に答えてくださり、とても有意義な時間を過ごすことができました。

 

インタビュー内容は大阪府立大学のボランティアセンターの方々に伝え、見やすく1枚のポップにしていただきました。

 

PB020492.jpg

 

そして当日、売り場に飾り、多くの方に読んでもらえたと思います。

 

 

次回は当日の様子をお伝えしようと思います。

お楽しみに!!

 

後期手話Do場始まるよ♪

皆さん、こんにちは。
ECC社会貢献センタースタッフの長尾です。

お待たせしました!
後期の手話Do場がいよいよ始まります!
※手話Do場とは・・・手話の基礎を学んだり、ジェスチャーゲームや、手話うた等を通して、手話でコミュニケーションを楽しむ場です♪

もっと詳しく知りたい!という方はこちらをチェック↓
手話Do場とは
http://npo.ecc.ac.jp/blog/2013/05/do_1.html

前期の様子
http://npo.ecc.ac.jp/blog/2013/05/1do.html
http://npo.ecc.ac.jp/blog/2013/07/post_203.html  

●後期手話Do場スケジュール
・10月2日(水)
・10月16日(水)
・10月30日(水)
・11月13日(水)
・11月27日(水)
・12月11日(水)
・1月15日(水)


●時間・・・いずれも17時~18時まで
●場所・・・ECCコンピュータ専門学校1号館2階206教室
●申込方法・・・各回の前日までに peace@ecc.ac.jp までメールをお送りください。

後期もみんなで手話を楽しみましょう~♪

syuwa01.JPG

 

子ねこの里親募集終了のお知らせ

こちらでもお伝えしておりました通り、7月18日に本校にて子ねこを保護し、里親を募集しておりました。
 おかげさまでたくさんの候補者の方々が声を上げてくださいました。
里親探しについては、保護当時よりケアをしてくださっているボランティアの方にバトンをお渡しし、
山口学園での里親探しはこれをもって終了とします。
4匹すべてが新しい家庭に迎えられた際にはまたこちらでご報告致します。
皆様ご協力ありがとうございました
0815a_2.jpg
 

こねこ通信

引き続きまして、井上です。
先月の18日、山口学園の国際外語専門学校の倉庫で生み落とされた5匹の子ねこを保護しました。
それからというもの、私はこの子ねこたちが里親さんにもらわれていくまでの窓口として、心の中で「ECC社会貢献センター子ねこ課」という札を掲げたのでした。(県庁おもてなし課的な)

子ねこたちは現在、ボランティアでねこの保護活動を行なっている方の元ですくすくと成長中です。

こんなに小さかった子ねこたち。

1-photo_2.jpg

 

人間の手の大きさと比べるとこんな感じでした。

CA3K02360001b_1.jpg

 

そんな子ねこたちも、目が開き

CA3K02420001a_1.jpg

  2013_ 7_29_16_58(2)b.jpg

 

おなかを晒して寝れるまでに生活に慣れ、(笑)

0812a.jpg

 

ミルクもぐびぐび飲んだ結果!

0813a.jpg

 

こんな高い所へ飛び乗れるようになりました!!

0815a.jpg

 

この1ヶ月間、体調を崩し何度も病院のお世話になったそうです。
しかし、その度にボランティアの方の熱心な看護がありここまで成長してくれました!
ボランティアの方へ改めて感謝するとともに、ここまで育ってくれた子ねこたちにも本当に「ありがとう」と言いたいです。

このECCで見つかった小さないのち。
10年~16年とも言われる長い人生ならぬ「ねこ生」を一緒に過ごしてくださる里親さんを募集しています。
興味を持たれた方は、ぜひ一度下記までご連絡ください。
お待ちしています!!

【ECC社会貢献センター】
●電話 06-6372-1474
●メールpeace@ecc.ac.jp
●開室時間 平日9:30~18:30
●担当 長尾、鈴東、井上

 

夏休み中のスタッフの日々。

こんにちは。
少しご無沙汰していました!
センターの井上です。

最近のブログはまっすーの大活躍で、学生たちの活動が学生自身のコトバで語られていてみなさんにも学生たちの気持ちがしっかりと届いているんじゃないかなぁと思います。
毎回記事のチェックや、最終のアップをさせてもらうのですが1番最初の読者になれるってとっても贅沢ですよねぇ♪
これからの記事にも期待してます!

さてさて、学生の活動はばっちり届いていると思うので今日はスタッフのお話を。
学生たちは現在夏休み。
とても賑やかだった校内もこの期間中は静かです。

そんな夏休み期間、スタッフは何をしているんだ?と言いますと、
後期のスケジュールの共有をしたり、
夏休み期間にもある活動の同行をしたり、
これからやりたいなぁと思っていることの作戦会議をしたり・・・。
実は何かといろいろあるわけです。
しかし、一方でやり尽くしてしまうこともあるわけで。笑
そんなときは!
掃除だ~~~っっっ!!

前期から始めた「センターきれい化計画」!
実は日々着々と進められていたのでした。

2つの棚いっぱいだったファイル棚・・・

  FxCam_1365993740563a_2.jpg  

 

いらないものを捨てて減らし、

FxCam_1376037817771a.jpg

 

整え、

RIMG0001b.JPG

 

誰でもどこに何があるかひと目でわかるようにしました。

RIMG0002b.JPG

 

左側の棚は学生が作業するときに必要な備品をまとめようと思っています。
スタッフも、学生もみんなが居心地のいい場所になるように、これからもきれい化計画進めていきます!

 

戻ってまいりました!!

こんにちは!
そしてご存知の方にはただいま!!
4月1日よりセンタースタッフになりました、ECC社会貢献センターの井上と申します。

「ご存知の方には」と書いたのには、理由があります。
私は2009年6月(そんなに前のこと!?ビックリです)から3ヶ月間インターン生としてこちらのブログに参加していました。
この春からは正規スタッフとして毎日センターに来ています。
改めて、これからよろしくお願いいたします!

さて、2009年のインターンを終了してからイノウエはなにをしていたのか。
今日はそれをお話ししますね。

センターのインターンが終わったあと、今度はedgeという団体のインターンをしました。
edgeに関してはこちら→http://www.edgeweb.jp/
edgeのボランティアは国際外語専門学校在学中から毎年続けているものでした。
このインターンでは「縁の下の力持ち」の人たちの大切さでした。
この人たちがいるから、主役が輝けるのだと学びました。

2010年4月からは一般企業で働き始めました。
仕事内容は図工・美術の教材メーカーの商品開発、販促企画。
学生時代美術が「2」だったこともある私にはとてもプレッシャーでしたが、
お客様の声を聞きながらの商品開発はとてもいい経験になりました。
また、まさに少数精鋭!尊敬できる人たちだらけのチームで働けたことはかけがえのない財産になっています。

そんな職場で3年間文字通りビシバシ鍛えられ、この春念願だったセンターのスタッフとして迎えていただくことができました!
実際に学生だったということと、企業での経験を強みにしてセンターに新しい風を吹き込めることができたら・・・と思っています。

山口学園では今週から授業がスタートしています。
たくさんの学生との出会いを楽しみにしながら、私も成長していきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします!!!

 

学生による「浴衣の着付け」と「ヘアメイク」~♪

こんにちは!山田です~。
 
大阪梅田も、いよいよ、セミが鳴き始めてきました。
本格的な夏到来!
 
夏といえば、やっぱり、お祭り!!
 
ここ中崎町も、 7月28日(土)29日(日)に、
第27回済美(せいび)カーニバルが開催されます♪
 
メイン会場も少しずつ準備が始まってきていますし、 
なんと、盆踊りの練習も始まっております!!
先週、私も、学生たちと一緒に行ってきました~。
 
よくお会いする地域の女性の方があまりにも美しく踊られるので、
「私もそんな風に踊れたら・・・」とお話をしていたら、
【日頃の所作】 とおっしゃっていました。
 
「日頃の所作か・・・」と落ち込む私。 
確かに、その方にお会いすると、いつも、
動作も言葉も、一つひとつが丁寧で美しいなと感じていました。 
日頃の所作から美しくありたいなと思った山田でありました。。。
 
 
・・・と、前置きが長くなりましたが、
 
昨年に引き続き、山口学園3校の複数のコースで学ぶ学生たちが、
この済美カーニバルで、学んでいる専門性や技術をいかした取り組みを
企画準備中です。
  
これは、人間力教育の一環として、
専門性と技術を地域社会の課題解決につなげていく
「サービス・ラーニング/地域貢献実践」という授業での取り組みです。
 
 
今日は、その中から、ECCアーティスト専門学校の
ブライダルコース1年生、ヘアメイクアーティストコース1年生による、
浴衣の着付け】ヘアメイク】ご紹介~♪ 

 
「浴衣を着たいけれど、自分で着付けができない・・・」
 
「浴衣に合わせたヘアメイクをしたいけれど、どうしたらいいんだろう・・・」
 
「せっかくの浴衣!、いつもと違うヘアメイクにチャレンジしたい!」
 
と感じている方も多いのではないでしょうか?
 
私は、普段のメイクやヘアアレンジは、ほとんど変化がないので、
「浴衣を着てお祭りに行く!」なんてスペシャルな日ぐらいは、
いつもと違うヘアメイクをしたいなと思います。
 
でも、自分でやるとなると、なかなか、なかなか、難しい・・・
と感じてしまいます。
 
済美カーニバルにいらっしゃる方の中にも、
同じようなお気持ちの方がいらっしゃるのではないかな~と思います。
 
そこで、お祭りにお越しになる方々に、より一層お祭りを楽しんでいただけるよう、
学生たちが準備しております♪
 
済美カーニバルは、地域の方々の手作りによるお祭りで、
本当にあたたかい雰囲気が会場全体にあふれています。
 
ヘアメイクや着付けをバッチリきめて、気分上々で、
お祭り会場に、中崎町にお越しになりませんか~?! 
 
「浴衣の着付けやヘアメイクをやってみたいな!」 という方は、
下記の内容をご確認いただき、事前にお申し込みください!
 
お祭り当日を楽しみにしながら、お越しください ね~♪♪♪
  

      浴衣の着付け&ヘアメイクのご案内        
 
◆日時:7月28日(土)15時~19時 (最終受付:18:30まで)
            ※2日目(29日(日))はありません。 
 
◆内容:
①浴衣の着付け
②ヘアアレンジのみ
③メイクアップのみ
④ヘアアレンジ&メイクアップの両方
※①~④の中で、ご希望を選んでいただけます。
    例)①浴衣の着付け + ④ヘアアレンジ&メイクアップという選択も可能。
どれも各30分お時間いただきます。 

◆場所:ECCアーティスト専門学校2号館
             http://art.ecc.ac.jp/access/ 
 
◆対象:女性のみ(お子様もOKです)
 
◆持参物:
≪浴衣の着付けを希望される方≫
・浴衣
・半幅帯
・和装用下着
・襟芯
・伊達締め1本
お紐3本
・タオル2枚
・前板
・下駄
 
≪ヘアアレンジ、メイクアップを希望される方≫
・ヘア飾り(無くても大丈夫です)
・メイク道具(お肌が弱い方や敏感な方のみ) 
 
◆申込方法:お電話で、お申し込みをお願いします。
                     ECCアーティスト専門学校 【06-6373-1447】
 
◆申込締切:7月23日(月)
 
◆主催:学校法人山口学園 ECCアーティスト専門学校
           ヘアメイクアーティストコース1年
           ブライダルアーティストコース1年 
 

卒業を送る会&同窓会を行いました。

こんにちワンボックス、鈴東です。 最近ようやく暖かくなってきたにも関らず、また週末から寒くなるというBad Newsを聞いて、テンションが下がりつつある今日この頃、皆さんはいかがお過ごしでしょうか? 近頃は風邪も流行っている上、花粉症の時期もやってきているので大変な方もいると思いますが、どうか皆様がご健康を保たれるよう心より願っております。 さて、3月3日(土)に卒業を送る会&同窓会を行いました。 卒業を送る会&同窓会とは、社会貢献センターに関った学生が新たなステージに羽ばたいていくことを共に祝い、更にこれまでにセンターを卒業していった学生が集まる同窓会も一緒に行う毎年恒例のイベントです。 今年も卒業する学生7名、在校生1名、既卒生11名が参加してくださいました。 IMG_4078.jpg

最初は緊張をほぐすため、アイスブレイクとして自己紹介のワークや

IMG_4080.jpg IMG_4084.jpg

円になって、1人1人自分の好きなものを発表して、横の人は既に好きなものを発表した人の好きなものを記憶して、また自分の好きなものを発表するということを繰り返して、最後の人は全員の好きなものを発表しなければいけないゲームもしました。

IMG_4114.jpg

考え中…

IMG_4134.jpg

後は、センターにまつわるクイズも行いました! そして近況報告

IMG_4153.jpg IMG_4159.jpg

それぞれが今何を感じ、何を思っているのか。今どんなふうに過ごしているのか1人ずづ話を聞き合いました。 そして卒業する学生へ向けての映像を鑑賞してもらった後、卒業する学生から暖かい言葉をいただきました。

IMG_4272.jpg IMG_4275.jpg IMG_4286.jpg IMG_4296.jpg IMG_4301.jpg IMG_4309.jpg

最後は卒業する学生にサプライズで大合唱 KiroroのBest friendをみんなで歌いました

IMG_4333.jpg

毎年恒例ですが、本当に今回も素晴らしい時間となりました。 ちょっぴり寂しいけど…

IMG_4338.jpg

更に今回から卒業していく学生にメッセージをいただくことになりました。

IMG_4329.jpg

みんな本当にいい写真ですね 今年もたくさんの人が新たなステージへと旅立っていきました。 それぞれいろんな思いで、記憶が流星のごとく蘇ってきます。 今までの様に会えなくなるのはちょっぴり寂しい気もしますが、社会の荒波に少し疲れたときは、いつでも休みに来てください。 さよならは悲しい言葉じゃない! また会おうの置き換えです。 最後! ありがとう

 

ほっとスペース石巻のみなさん、お元気ですか~?!

こんにちは。山田です。

先日、ECC国際外語専門学校 総合英語コース総合英語専攻より、昨年末の地球祭(学園祭)でチョコバナナの模擬店を出店し、その売上金を東日本大震災の被災者支援活動を行っている団体に寄付をしたいとの相談があり、宮城県石巻市の「ほっとスペース石巻」に寄付をさせていただきました。

sougoueigo.JPG ★総合英語の学生たちと担任の先生♪

 

「ほっとスペース石巻」は、中学生や高校生の居場所を運営されています。                       ほっとスペースがある辺りは、雪はそれほど降らないそうですが、海風が強くて、とっても寒いそうです。    東北の冬は、こちらとは違って、本当に寒さが厳しいのではないかと思います。

ほっとスペースに通う中学生たちは、今、受験真っ只中だそうです。                        みんな、どんな目標に向かっていっているのかな。                                        受験当日、思いっきりチカラが発揮できることをここから応援しています!! 

★ほっとスペース石巻のホームページ  日々の活動の様子がアップされています。http://www.hotspace.me/ 

 

痴漢撲滅キャンペーンに参加してきました!

こんにちは。山田です。 
 
10月24日(月)14時30分~15時、JR大阪駅ノースゲートビル2階のアトリウム広場にて、警察署主催による「痴漢撲滅キャンペーン」が催され、日本語学科の留学生3名がボランティアとして参加してきました!!
 
行ってビックリ!!
開会前から、「何だ?何だ?」と人が集まってきており、想像以上の人の多さとオープンな場所ということで、留学生も少しビックリ&緊張した様子でした。
bouhan1.JPG 
bouhan2.JPG 
開会前に警察の方と打ち合わせ中。 
今回、参加した学生はスウェーデンからの留学生が2名とアメリカからの留学生が1名。
各国の通勤・通学事情を聞いたところ、日本ほど電車は混雑しないそうで、
電車内での痴漢はあまり耳にしないそうです。

 
bouhan3.JPG 
 イコちゃんもキャンペーンに参加するため階段から登場!
 
 
 bouhan6.JPG
大阪府警音楽隊の方々が奏でる音楽とともに、 いよいよ開会!
5階まで、見学者で埋め尽くされています!
 
 
bouhan4.JPG 
学生たちが、関西の各鉄道のマスコットキャラクターたちとともに登場です。
 
 
bouhan8_1.JPG
留学生がインタビューされております!
警  察:「学校へは、何で通学されていますか?」
留学生:「電車です。」
警  察:「痴漢にあわないために気をつけていることはなんですか?」
留学生:「女性専用車両を利用するようにしています!」
 
 
 
bouhan5.JPG
電車内で痴漢にあわないために気をつけること、痴漢被害にあったときの対処法を実演中!
ちょうどこの日も朝から1名逮捕されたばかりとのことでした。
 
痴漢被害にあわないために・・・
★同じ時間、同じ場所に乗る人をねらっている人もいます。
いつも乗る電車と時間帯を少し変えてみましょう。
★乗る列車や車両を変えてみましょう。
★混んでいる車両は避けましょう。
★女性専用車両を利用しましょう。
★乗る前は周囲を警戒しましょう。
電車が来たのに乗らない人やキョロキョロと落ち着き無く周囲を見ている人 など。
★扉付近は避けて、座席の前付近に立ちましょう。
 
もし、痴漢被害にあったら・・・ 
★「やめてください」という意思表示をしましょう。
★手を振り払う、じっと顔をにらみつける、カバン等で犯人の手や身体を防ぎましょう。
★防犯ブザー、携帯電話のアラーム音を鳴らしましょう。
★乗車位置を変える、別の車両に乗り換えるなどしましょう。
★警察署や交番・駅に届けましょう。 
 
 
列車内や駅での痴漢被害の相談も、24時間受け付けておられそうです。
鉄道警察隊の女性警察官の方がお話を聞いてくださいます。 
その他にも、痴漢犯人に関する目撃情報なども受け付けておられます。 
列車内ちかん被害相談 大阪府警察本部 鉄道警察隊
TEL:06-6855-1234 
 
≪参照:大阪府警察のホームページ≫
 
 
bouhan7_1.JPG 
レクチャーの後は、防犯グッズを配布しました!!
 
 
 
帰り道、スウェーデンからの留学生が、
「日本の警察はこういったキャンペーンもするのですね。」と驚いていました。
母国の警察では、あまりこういった活動を目にすることがないそうです。
 
大勢の前に出ることは初めての体験で、とっても緊張していた様子でしたが、
留学生たちも、警察の方たちも、「楽しんで!」という思いがとっても伝わってきて、
みなさん、ステキな笑顔で活動していました。
 
 

エコキャップー!

山田です。
 
今日は雨。台風も接近中。
 
そんな中、たんまり集まっていたエコキャップを、
NPO法人e-kotonetさんに回収していただきました!
 
 
先日、いつもお世話になっている北区社会福祉協議会さんとお会いした際に、
「そろそろ、エコキャップを回収に来ていただこうと連絡しようと思っているんです。」とお話をしたら、
「うち、2日に取りにきてもらう予定だから、そっちに寄ってもらえるか聞いてみるよ。」
と、業者さんに声をかけて、調整してくださいました。
ありがとうございますっ!!
 
 
 
ここ1年分ぐらいで12袋(60kg強)ほど集まりました。
 
だいたい1kg400個らしいので、約24000個ほどになりますね。
800個でポリオワクチン1本分だそうなので、30本分になりますね。
洗って、シールはがして、箱に入れてくださっている皆さん、ありがとうございますっ! 
 
 
 
世界では、予防可能な病気が原因で、毎日2万6,000人を超える子どもたちが亡くなっています。
その中には、ワクチンを接種することで防げる病気もたくさんあります。
 
たとえば、はしか。
命を落とすような怖い病気という認識を持っている人はいないのではないでしょうか?
先進国といわれている国では、当たり前のように、子どもの頃に予防接種を受けられていて、
ほぼ100%予防可能な病気です。
でも、途上国といわれている国では、予防接種が受けられず、深刻な病気です。
 
 
子どもたちが予防接種を受けられない背景には、
 
①その国に予防接種のためのワクチンがない。または、あるいはワクチンを必要とする子どもたちに届けるための運搬手段がない。

②予防接種を受けるための保健センターなどの施設がない。あったとしても、その施設が家から遠く何時間も歩いて行かなくてはならない。                                              ③子どもの両親が予防接種について正しい知識を持たず、なぜ接種が必要か理解していなかったり、いつ、どこで行われるのか知らなかったりする。

といった原因があります。

他にも、ワクチンを保管しておくような冷凍・冷蔵倉庫が不足していたり、頻発しておこる停電への対策など様々な課題があります。

こういった課題を一つひとつクリアしながら、初めて、子どもたちにワクチンが届きます。

※世界の子どもにワクチンを日本委員会 ホームページより:http://jcv-jp.org/

※日本ユニセフ協会 ホームページより:http://www.unicef.or.jp/library/library_wdb08.html

 

大阪市北区に伝統文化があるって、知っていましたか?!

山田です。
 
最近、鈴東くんにブログの更新をすっかり頼りきりになってしまっていましたので、本当に久々にブログを書きたいと思います。
 
今年1月ごろ、大阪市北区の伝統工芸と職人さんたちの技がギッシリと詰まった、英語版のリーフレットが手元に届きました。
 
このリーフレット、実は、ECC国際外語専門学校総合英語コース(通訳専攻・翻訳専攻)に在籍する1年生18名が日英翻訳に取り組んだんです!!
 
これは、大阪市北区役所様より、「北区の伝統文化と職人さん」事業の一環で依頼を受けたものです。
 
携わった学生たちの声を聞いたところ、
英語から日本語に訳すのと、日本語から英語に訳すのでは、本当~に、まっ~たく、違うそうです。
日本語の謙虚な表現や大阪弁などを同じ温度感を保ちながら「どう英語で表現したらいいんだ?!」と、試行錯誤、難しかったそうです。その分、できあがったときの達成感は一入だったという声が多かったです。
 
学生の声を聞きながら、ますます翻訳の“技”を磨いていって、職人さんたちのようなプロフェッショナルになっていってほしいなと思いつつ、学生たちの専門性と社会がつながっていく、挑戦していける場をつくっていこうと思います。
 

 
dentoubunka3.JPG 
  
 
 
 
さてさて、わたしは、大阪市の北区にこんなにも歴史ある伝統文化があったなんて、またそれを継承する職人さんがいらっしゃるなんて、見たことも、聞いたことも、触れたこともありませんでした。
ビックリ!! 
 
みなさんは、ご存知でしたか?!
 
たとえば、
・天満切子
・提灯
・金網&篩加工
・和菓子
・表具
・箪笥
・洗い張り
・お福人形
・和楽器調律
・印章
・味噌
・畳
などがあるそうなんです!
「文字だけじゃわからん!」という方、ぜひ、大阪市北区のホームページを見てみてください!
写真と解説入りで、とーっても、わかりやすいです。 
http://www.city.osaka.lg.jp/kita/page/0000019656.html
(システムの調子が悪く、リンクがはれないので、コピー&ペーストしてください♪)
 
 
そして、明日から、大阪市北区役所様が、この大阪市北区の伝統工芸に触れられるワークショップを開催されるんです!!
 
このワークショップ、職人さんと学生による伝統文化の継承発展に向けての提案や研究成果、コラボレーションについての展示会が行われ、伝統文化と職人さんの技の復興に向けた提案をしていくという、なんともワクワクする場なんです!
 
ぜひ、みなさん、見にきませんか?!
きっと、若者たちと職人さんたちの、ユニークで、斬新なコラボレーションが見れることと思います♪ 
 
 
★展示会
日時:2月27日(日)~3月6日(日) 10時~17時
場所:関西大学リサーチ・アトリエ 楽歳天三 天満天神楽市楽座
http://www.kansai-u.ac.jp/rakusai/access.html
入場料:無料
備考:月曜日は休館
 
★職人 × 学生 記念イベント
日時:2月27日(日) 14時~15時30分
場所: 関西大学リサーチ・アトリエ 楽歳天三 天満天神楽市楽座
内容:ギャラリートーク(展示会出展者によるプレゼンテーション)
特別講演:宝塚大学 李暎一教授 テーマ:新しい大阪の都市ブランド構築について 
入場料:無料
申込み:不要
※当日は、イベントの模様がネットで配信されます♪
「どうしても会場にいけない!」という方は、こちらのアドレスにアクセスください!
  http://www.ustream.tv/channel/namihayanote

  また、「ツイッターでつぶやく」 というカタチでも参加できます。
  ハッシュタグ:♯shokunin 
 
 
展示会&記念イベントの詳細は、こちらからもご覧いただけます!
大阪市北区役所ホームページ:http://www.city.osaka.lg.jp/kita/page/0000114050.html
 
 
 
 

【お知らせ】臨床道化師フォーラム2010 ~こども理解のカンファレンス

クリニクラウンをご存知ですか? 

日本語では、「臨床道化師」と言われています。                                                                                                       病院を意味する「クリニック」と道化師をさす「クラウン」を合わせた造語です。

クリニクラウンは、入院生活を送る子どもの病室を定期的に訪問し、遊びとユーモアを届け、子どもたちの笑顔を育む道化師のこと です。

NPO法人日本クリニクラウン協会が設立5周年記念事業として、「臨床道化師(クリニクラウン)フォーラム2010 ~こども理解のカンファレンス~」を開催されます。 

ECC社会貢献センターも、毎年12月に、大阪市内の小児科病棟にてクリスマス会を実施しています。      小児科病棟でのクリスマス会に参加したことがある・参加してみたい山口学園の学生を初め、このテーマに興味・関心をお持ちの方、ぜひ、ご参加ください。

以下、フォーラムの開催概要です。                                                                              詳細情報は、こちらの日本クリニクラウン協会のウェブサイトでご確認ください。http://www.cliniclowns.jp/16_oshirase02.html

 

★開催趣旨★                                                                                                          2005年から日本におけるクリニクラウン(臨床道化師)の活動は開始されました。                                                                                                                                                          当時も笑いやユーモアは人間関係を円滑にし、緊張感の緩和や恐怖感を軽減する効果が認識されていましたが、道化師による定期的な病棟訪問は、先行事例の少なさにより医療施設での本格的な導入にはかなりの英断が必要でした。

しかし「もっと楽しい時間を過ごしたい」という子どもの声や「こどもらしい表情を引き出してほしい」という親の気持ちに後押しされ、クリニクラウンの活動は徐々に病棟内に浸透していきました。

現在クリニクラウンは、全国各地の病院を年間200回訪問し、延べ7,000名の子どもと接しています。入院している子どもと心を通わせて創造的に遊ぶといっても、毎回の関わりでは様々な悲喜こもごもの出来事が起こります。

そこで、今回は2005年からの臨床実践を振り返り、これからの小児医療に求められる豊かなコミュニケーションや、療育環境のあり方、子どもにとってのQOLとは何かをテーマに講演会や事例報告を行います。

私たちの取り組みはまだまだ始まったばかりですが、活動の創成期はどのような悩みや喜びがあったのか?、これからどんな展望を描いているのか?などをご来場の方々にお伝えできたらと考えております。

★日時★                                                                                                                                                                     2010年10月17日(日) 【午前の部】10時30分~12時   【午後の部】13時~15時30分

★会場★                                                                                                                                                  piaNPO 6階 大会議室 http://pianpo.com/acces01.html                                                               ※大阪市営地下鉄大阪港駅 4番出口より徒歩5分

★プログラム★                                                                                                                        -午前の部-                                                                                       基調講演 : 「小児医療の光と影~小児がんと向き合った40年」                                                                            河 敬世さん 日本クリニクラウン協会理事長(大阪府立母子保健総合医療センター 前病院長)                                               

-午後の部-                                                                                                                                                                                第2部講演 : 「すべてのこどもにこども時間を!クリニクラウンの軌跡」                                                                  塚原 成幸さん 日本クリニクラウン協会事務局長 兼 アーティスティックディレクター
第3部事例報告会 : 「成長と発達を支えるクリニクラウンの援助実践」

★参加費★                                                                                                       【一般】2,000円   【会員・学生】1,500円

★定員★                                                                                                                            150名

★申込み方法★                                                                                                                                          特定非営利活動法人 日本クリニクラウン協会 事務局
下記申込みフォーム、または電話・FAX・メールにてお申し込みください。
【TEL】06-6575-5592 【FAX】06-6575-5593
【E-mail】info@cliniclowns.jp

★後援★                                                                                                              オランダ王国総領事館
日本小児総合医療施設協議会
全国病児保育協議会
チャイルド・リサーチ・ネット

 

「祭」の軌跡

いよいよ「祭」の時期がやってきました♪

天神祭の次に大きな祭といえばこの、3校交流イベント「祭」ですよね…?!

 

先週の金曜日、ステージ出演者とブース出店者に集まっていただき、

最終の説明会が決行されました。

イベントの作り手となっている学生メンバーたちも、

連日集まっては、ミーティングを重ねている日々です♪

残り1週間、どんな“祭”になるやら、ドキドキ、ワクワクです!!

 

今、以下のコースやクラブから、ブースの参加が決定しています。

・アナログゲーム部:アナログゲームの魅力をお試しプレイで体験!

・CG映像クリエイターコース:コイン落としゲームやフリーマーケット!

・ゲーム開発CGコース3DIL部:クラブ紹介、作品展示や販売!

・ゲーム開発企画コース:手作りミサンガや手作りビーズストラップの販売、フリーマーケット!

・エステティシャンコース:お鼻につまった皮脂や黒ずみの吸引!

・モデル・タレントコース:誰もがふりむくウォーキング講座、キレイな写真の写り方を伝授!

・メイクアップアーティストコース:ワンポイントメイクで、大変身!

・美容科:編みこみやヘアアイロンを使ったヘアアレンジ!

・学生会:手作りアクセサリーやデコ雑貨の販売!

※無料のブースと有料のブースがあります。 

 

ステージにも、たくさんの方がエントリーしてくださっています。

歌やダンスパフォーマンス、ファッションショーやゲームなど、内容が多岐にわたり、盛りだくさんですので、当日を楽しみにしててください!!

 

こんな楽しいイベントをあなたは逃してもいいのですか?

しかも学校やコース、学年を超えて交流できるチャンスです!

 

是非、

7月28日(水)16:00~19:00

コンピュータ専門学校1号館1F休憩室 へ!!

 

setumeikai_1.JPG

 

setumeikai_3.JPG   

↑最終説明会の様子。

 

 

ひったくりに注意しましょう!

最近ひったくり事件が多く発生しています。 

被害のほとんどはバイクで後方から追い越された際に遭っています。 

バイクのエンジン音が後方から聞こえたときは、ちょっと振り返ってみた

り、カバンの持ち方を確認するなど、自分がひったくりには注意してい

ることをアピールするだけでも被害の防止策となります。 

下記にひったくり被害防止策を記載しておきます。参考にして下さい。  

 

◆カバンやバッグは、建物や壁側に持つこと!   

 理由は、わざわざ壁や建物と歩行者との間に入ってのひったくりが困難

だからです。   

 ただし、建物等との間が広い場合は効果がありません。   

 もちろん、カバンを手に持たずに斜めがけしたり、リュックサック・ウ

エストポーチ等も効果ありです。   

 また、犯人によっては単車で歩道に乗り上げ、歩いている人を狙うとい

う犯行も多く発生していますので、気をつけてください。  

 

◆自転車にはひったくり防止カバーを正しく使用すること!   

 理由は、短時間でカバン等を奪うことが困難だからです。   

 きちんと紐を締める等、正しく使ってこそ効果があるのです。   

 取り敢えずは、前かごの上に上着や雑誌等を被せるだけでも効果有りで

す。  

 

◆防犯グッズの紹介   

・ひったくり防止カバー:自転車の前カゴに取り付ける防犯カバーです。

                       防止カバー装着時におけるひったくり被害の発

                       生は0件です。   

・盗難防止ネジ:自動車のナンバープレートを盗まれないように取り付ける防犯

                ネジ。   

・防犯ブザー:ヒモを引くだけ!強力なアラーム音が鳴り響きます。  

         (文書引用 大阪府曽根崎警察署ホームページより)

 

長期実践型NPO・NGOインターンシッププログラム’10のお知らせ

  長期実践型NPO・NGOインターンシッププログラムとは社会的な課題の解決に取り組むNPO・NGOにおいて6ヶ月間の長期にわたりプロジェクトに参加するプログラムです。プログラムは、事前研修から企画、実施、評価に至る一連のマネジメントプロセスに携わる実践的な内容となっています。今年も参加者を募集しております。詳細は下記インターンブログで確認して下さい。

  参考までに下記に要項を記載しておきます。

 

【プログラム期間】

 201010月~20113 

【応募期間】 

  一次応募:7/ 1(木)~7/21(水)

  二次応募:7/27(火)~8/20(金)  

    ※一次応募で募集を締め切るプロジェクトもあります。 

  追加応募:8/25(水)~9月中旬  

    ※定員に満たないプロジェクトのみ追加募集します。

【参加対象】 

  NPO・NGOで働きたいと考える大学生、大学院生、若手社会人(概ね30代まで) 

【募集人数】 

 15人程度(各団体13人程度) 

【参加費】 

  無料(インターンシップに伴う交通費、食費等は原則参加者の自己負担となります。その他、事前研修(合宿)での宿泊費、食費等も必要です(1万円程度)。)

 【応募方法】

 [インターンブログ]http://blog.canpan.info/npointern/)から応募シートをダウンロード。希望するプロジェクトの志望理由を記入し、メールにて提出。

 【主催】 特定非営利活動法人ユースビジョン

 

学生交流イベント 『祭(まつり)』 を行います!!

 山口学園3校の学生が学校やコースを越えて交流するイベント『祭(まつり)』を行うことになりました。

当日は『フリーマーケット』や『ゲーム大会』、『ステージパフォーマンス』など楽しいイベントを予定しています。

夏休み前、テストも終わった開放感に浸ってみんなで盛り上がりましょう!

 

◆実施日時:7月28日(水)16時~19時

      (※授業が終わり次第、随時参加して下さい。)

◆会  場:ECCコンピュータ専門学校1号館1階ラウンジ  

 

 ただいま、『フリーマーケット』や『作品展示』のブース出店者、ステージパフォーマンスの出演者を募集しています。

個人やクラス、クラブ、サークルでの参加もOKです。

作品を見せたい、楽しいことがしたい、すごいことができるという人の参加をお待ちしています。

 

参加説明会を下記の日程で実施しますので出店・出演希望者は必ず出席して下さい。

 

    ●エントリー期間:6月28日(月)~7月9日(金)まで

 ●エントリー方法:メールに必要事項(学校・コース・名前・ブースor

                                                     ステージ・何をするかを記入して送信、もしくは社

                    会貢献センーにて直接受け付け

 ●説明会日時:7月5日(月)12時45分~13時15分       

                  7月8日(木)12時45分~13時15分

  ●説明会会場:ECC国際外語 701教室       

                 ECCコンピュータ 1号館306教室        

                  ECCアーティスト 2号館504教室

 

 また、『祭(まつり)』を一緒につくってくれるボランティアも募集しています。

事前準備から当日まで『祭(まつり)』を盛り上げたいという人、一緒につくっていきましょう。

「話だけでも聞いてみようかなぁ~」でもかまいません。

 まずは社会貢献センターまでメール下さい。

 

◆お問い合わせ

 ECC社会貢献センター

 ECCコンピュータ専門学校1号館2階

 TEL:06-6372-1474

 E-mail:peace@ecc.ac.jp

 担当:山田、長尾 

 

ふくいの農山村でボランティア ふるさとワークステイ説明会のご案内

ふくいの農山村でボランティア ふるさとワークステイ説明会のご案内 

福井県ではふるさとワークステイとして農山漁村に滞在し、農作業や地域づくりのお手伝いをしてもらえるボランティアを募集しています。

 ボランティアで農家のお手伝いがしたい!

 

『田舎暮らし』がどういうものかを作業を通して体験したい!

 

地域の人々との交流がしたい! 

など、このような事を夏休みに体験したいと思う人は是非応募して下さい。

 

具体的作業例として 

①乳牛のお世話 ②梨と梅の木管理のお手伝い ③ブロッコリーの

 

収穫・運搬等のお手伝い ④ワイン農家でブドウの育成のお手伝い

 

⑤漆器ミュージアム内での整理作業などのお手伝い ⑥地域行事の

 

 

お手伝い、などがあります。 

 

 

参加者募集にともない学園内で参加説明会を実施いたします。農作業等のボランティアに興味のある人は是非参加して下さい。

 

  

【日 時】7月13日(火)12:40~13:15

 

【会 場】ECC国際外語専門学校 205教室

 

  

詳しい案内書は社会貢献センターにもありますので興味のある方は来て下さい。

 

チャリティーヘアカットキャンペーンのご案内

  この度、ヘアサロン『THE SALON』と『NPO法人JAPAN HAIR DONATION&CHARITY』より「チャリティーヘアカットキャンペーン」の案内が届きました。趣旨に賛同され、ヘアカットを希望される方は是非行ってみて下さい。

チャリティー ヘアカット キャンペーンのご案内 

 『THE SALON』では、小児がんで髪の毛を失った子供達や、ご病気などで髪の毛を失った人たちを『NPO法人JAPAN HAIR DONATION&CHARITY × THE SALON』という形で支援しております。 

(【社会や人と誠実に関わっていきたい】というフィロソフィーのもと、「これまで、私たちを育て、これからも多くの優秀な美容師を育て続けるであろうお客様や、その「髪」にできる限り恩返しをしたい!!」という思いから、非営利活動に取り組んでいます)

 

 『THE SALON』ではNPO法人『JAPAN HAIR DONATION&CHARITY』とともに、以下の活動をしています。 

①31cm以上の髪の毛を切ったお客様に対して、髪の毛と引き換えにヘアカット施術料をディスカウントし、NPO法人に、この毛束を寄付している。 

②売り上げの一部をNPO法人に寄付している。

③自宅で使用されなくなった「ウィッグ」の寄付、ボランティアスタッフの募集、  企業からの寄付や献金を受け付けている。 

④抜毛などが原因で、ヘアサロンへ行くことに悩みを抱えていらっしゃる方も気軽に来ていただけるように対応している。

 今回、これら通常活動に加え「チャリティー ヘアカット キャンペーン」というイベントを行うこととなりました。

【キャンペーン期間】 

 定員(200名)に達し次第、終了。

【料 金】 

 『NPO法人JAPAN HAIR DONATION&CHARITY × T                  HE SALON』の取り組みや理念に賛同いただける方に限り、通常6,300円(税込)で提供しているヘアカットを当NPO団体への寄付という形で1,000円にて提供いたします

 この寄付金は、子どもたちや女性たちへのサポート活動、ウィッグ制作費用として大切に使われます。

【制限事項】 

*火曜~金曜日の平日限定とさせて頂きます。 

*担当者の指名はできません。 

*ヘアカット以外のメニューは通常料金とさせて頂きます。事前にご確認下さい。  

*予約時もしくはご来店時に、必ず所属先(学校名、会社名、団体名など)をお伝       え下さい。学生証を拝見させて頂く場合もあります。

●一般的な値引きキャンペーンとは異なります。レギュラー料金でご来店頂いているお客様と同等のクオリティーとサービスをご提供させて頂くため、希望される 日時やメニューによっては、ご要望に添えないこともあるかと思いますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。 

 

【ご予約・お問い合わせ】

THE SALON

TEL:06-6359-3779

住所:〒531-0072 大阪市北区豊崎3-8-18

URL:www.thesalon.jp

e-mail:thesalon@thesalon.jp

 

世界一大きな授業が開講される?!

今日は、木曜日。                                                                     今週から授業が始まっていますが、新入生も、在校生も、少~しずつ、ちょ~っとずつ、                                              リズムがつかめてきたか感じでしょうか?!                                                                                            

学生じゃない今、ジワーンと思うのですが、                                                                 学べる場や機会があること、教えていただける人に出会えること、                                                                知らなかったことを知ること、知っていることをさらに深く探求していくこと・・・って、                                     本当に楽しいな、ワクワクするなと思います( ´∀`)                                                    それを思いっきりできる時間も場所も空間もあって、人もいて・・・ってときは、                                                             学生時代だからこそだなと思います。                                                                    

 

・・・と、つぶやきはこれぐらいにして、

 

こういう学べる機会、教育を受けられる機会は、誰にでも当たり前にあると思うかもしれませんが、                                                                                                                                     そうではない子どもたちが世界にたくさんいます。                                                    7200万人の子どもたちが学校に行って学ぶことができない環境にあると言われていて、                              その原因は、さまざまです。                                                                                           

こういった現状を解決していこう、                                                          一人でも多くの子どもが教育を受けられるために、何ができるか考えようと、                                   毎年、世界中の教育機関が参加し、 「世界中の子どもに教育を」キャンペーンが行われています。                                         同じ日に、同じテーマについて授業を行うことから、「世界一大きな授業」と言われています。

昨年に引き続き、このキャンペーンに参加しています。                                                                                                           今年は、ECC国際外語専門学校こども英語保育コースと共催で行います。                                                                 将来、教育の場で活躍していく学生と一緒に、この授業をつくっていきたい、                                            世界の子どもにも目を向けていきたいと思います。

このテーマに関心のある方、これまでの自身の教育の機会をふりかえりながら、                                                     世界の子どもたちの教育の現状について知って、何ができるのか一緒に考えましょう( ´∀`)♪

【日   時】 4月20日(火)17時~18時

場   所】 ECC国際外語専門学校5階501&502教室

【参加方法】 直接教室までお越しください。

  education for all 1.JPG

education for all 5.JPG  

※写真は、昨年の様子。                                                            

 

決まったぞーぃ♪

新入生&進級生のみなさん、先日のブログで伝えていた【交流カフェ】の                                            日時と場所が決まりました!!

◆ECC国際外語専門学校の校舎で開催◆                                                                 【日時】4月21日(水)17時~18時30分ごろ                                                                            【場所】403&404教室

◆ECCアーティスト専門学校の校舎で開催◆                                                                                 【日時】4月22日(木)17時~18時30分ごろ                                                                         【場所】2号館203教室

◆ECCコンピュータ専門学校の校舎で開催◆                                                                  【日時】4月23日(金)17時~18時30分ごろ                                                                         【場所】1号館308教室

 

自身が所属する学校の校舎で開催するときに参加してもらってもいいですし、               「他校の校舎って、どんなだろう?」、                                           「いろんな学生や先輩と話をしてみたいな!」、                                             と好奇心旺盛な方は、ぜひ、他校へ足を運んでみてください♪

この3日間、山口学園の在校生は、どこのカフェにも参加自由☆

ちなみに、カチッとしたプログラムはありませんので、                                        遅れての参加、途中退場も大丈夫です( ´∀`) 

会場となる教室の入り口には、                                                                こんな看板が出ていますので、これを目印に入ってきてくださいね~♪

cafe3.JPG    cafe4.JPG

 

また、明日(4月16日金曜日)で終了となりますが、今週1週間お昼休みに開催しているクラブ紹介では、交流カフェの案内チラシを配布しています。

学生手書きのカワイイチラシ( ´∀`)                                                                                                                    各校のカラーに合わせて、3パターンつくってます☆                                   もちろん、配布しているのは、白黒印刷したものです。。。 

cafe1.JPG

 

企画している在校生メンバーも一緒に配布していますので、                              「交流カフェで、何するの?」、「もっと具体的に聞いてみたい!」って方は、                  気軽に声をかけてくださいね。                                                 1号館1階の入り口前でブースを出しています♪                            

cafe2.JPG

 

遠く遠く・・・

 3月も中旬を迎えましたが、全国あちこちで雪マークの寒い日々。皆さまいかがお過ごしですか?

 はじめまして・・と書いたほうがいいくらい、大変お久しぶりの、学生相談室の小原です。

 今日は国際、明日はコン専、あさってはアーティスト・・と、今週は山口学園の卒業式Weekです。

       卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます!! 

 一足早く「春」を迎えつつある校舎。山口学園を巣立っていく人。進級し、学び続ける人・・。

この校舎での時間は、皆さんの胸にどんなふうに刻まれたでしょうか。また、これから刻まれるでしょうか。

 いつか迎える社会への巣立ち。そこまでの道のり・歩みは本当に様々ですね。

「卒業」は、一人ひとりがつづる、世界にひとつだけの『My Story』の大切な一場面です。

 本日のタイトル『遠く遠く』は、故郷を離れ、夢に向かって進む若者の想いを歌った、槇原敬之さん(大阪府高槻市出身)の歌の題名です。

 故郷や懐かしい人々から「遠く遠く」離れていたとしても、気持ちはつながっているということ。そして、心の中に「遠く」離れたものたちへの想いを抱きながら、今、ここでの時間を一生懸命重ねている自分・・・。

そういう日々の積み重ねの中で、懸命に夢に向かっていこうとしている若者の姿が目に浮かんできます。

  「遠く」離れた大切なものに想いを寄せる人の姿。・・・昨年12月に、ほんの一部分でしたが私も参加させていただいたイベント、キャンドルナイトでもそれを感じました。

 ステージの上だったからこそよく見えた光景(私はすごい得したなぁ~!と思いました)。・・・様々な年代の方々が、会場である講堂を時々いとおしむように見上げたり見回したりしながら歌っておられる姿に、「遠く遠く」離れた「あの頃の自分自身」を大切に胸に抱きながら、長い年月を重ねてこられたお一人お一人の『物語』を感じると同時に、済美小学校の長い長い歴史を想い、胸が熱くなりました。

 今の自分が日常を過ごす場所と故郷との物理的距離の「遠く」、そして、自分自身を作ってくれたといえる時期との時間的距離の「遠く」・・・。

 その両方の「遠く」を心に抱きながら、またはそれらを心の支えに、人は今ここにいる自分として未来に向かうのかな・・・。そんな感慨に包まれた、昨年12月のキャンドルナイト。

 卒業Weekの今週、その二つの「遠く」の意味と、光景が改めて胸に去来しています。

 この春からの山口学園での学生生活に向け、故郷を離れる準備をしている人、ここでの学生生活を無事に終え、故郷または就職先の地へ向かうため、通いなれたこの中崎町から離れようとしている人・・。

 すべての人たちにとって、ここ中崎町で、山口学園で過ごした日々が、「遠い遠い」未来の自分を、しっかりと力強く支えてくれるような「何か」を得られる時間であることを心から願っています。

 それぞれの学生さんにとって、山口学園で過ごす日々がそういう時間になるよう、一人ひとりの大切な『物語』に沿うようなサポートができれば・・と改めて思いを巡らせている卒業Weekです。

 

 

在校生&卒業生の集い

今週は、水・木・金と3日連続で、山口学園の各校の卒業式がありました。

3つの専門学校がある山口学園ですが、各校それぞれの雰囲気が会場に溢れていた卒業式でした。

 

卒業式も間近となった3月5日(金)、センターの活動に関わる在校生と卒業する学生が集う場をもちました。

okuridashi1.JPG

たこ焼きパーティーをして、お腹を満たした後は、センター定番の円座になって、話を聴き合う時間です。

 

okuridashi2.JPG

卒業生は、在学中の活動の話や今どんなことを感じているのか、

そして、在校生へメッセージを送ってくれました。

在校生は、この1年を振り返って、感じていることを話してくれました。

センターのスタッフや学生相談室の先生方からも、卒業生一人ひとりへ、そして在校生へメッセージをお伝えしました。

 

卒業生の皆さんと一緒に作ってきた活動は、一人ひとりの顔を思い浮かべながら、

在校生や新入生たちとともに大切に育てていきますね。

 

卒業生の皆さん、ご卒業、おめでとうございます!

ありがとう!

 

okuridashi3.JPG

 

バレンタインデー

こんにちは、学生相談室の小浦です。
お久しぶりですが、2度目の登場です。

学生のみなさんは、今はテストで大忙しの方も多いのではないでしょうか。
体調にはくれぐれも気をつけて、それぞれのペースでテストにトライしてくださいね。

さて、今日は節分ですね。と言いつつ、私の中に節分の特別な知識がないため、
ここで語れないのですが・・・。
節分の次のイベントとして、バレンタインがありますよね。
(2/14は、中崎町フリーマーケット開催日でもあります!!)

バレンタインは、みなさんもご存知のように、日本では、女性から男性へ、
チョコレートをプレゼントする日とされていますが、最近では
同性異性に関わらず、友だちにあげる「友チョコ」や、自分にご褒美であげる「自分チョコ」、
などもあるとお聞きしました。

バレンタインのチョコレートに限らず、何かを誰かに贈るときは、
なんだかドキドキしませんか??
渡したときの、その人の笑顔を思い浮かべたりして、嬉しくなったり、
その反面、関係性やタイミングによっては、
自分の気持ちを押し付けていないか、不安になったりすることもあります。

贈るときに、何かを贈りたいという自分の気持ちを大切に思い、
同時に相手のことを大切に思って考える。
そう考えると、
何かを贈るときだけでなく、言葉を誰かにかけるときも同じかもしれません。

「今、この言葉をこの人にかけたい気持ちがある。
でも、この言葉は今、この人を元気付けるものなのかな。
自分の気持ちの押し付けになっていないかな。」
そんなことを考えることがあります。

タイミングや関係性もあるので、
いつも丁寧にそうやって確認していくのは、なかなか難しいことかもしれませんが、
自分の気持ちを大切にして、相手の気持ちも大切にしたい、
そんな気持ちが、コミュニケーションの根底にいつもあるといいなと思います。

 

はじめまして

こんにちは!学生相談室の小浦です。

相談室カウンセラーからの発信が続いていますが、私もこの波にのって(?)、初投稿します。

スマイルブログに来る前に、社会貢献センターのメインページを見ていただいた方も多いと思いますが、メインページの一番上に、きれいな自然の風景の写真(海・花・砂浜・木々)が、PEACEの文字とともに出てきますよね。

その写真を見るたびに、私はいつも憧れのため息が出るのです・・・「こんな景色を見に行きたい!」と。

西村先生が、さきのブログで、趣味がものづくりとおっしゃっていましたが、私は趣味が旅行なのです。

旅行といっても、もっぱら自然の中で何もしない旅が好きです。

先日も、宮古島に行ってきました。

一面さとうきび畑からなる緑の地平線と、紺碧の海の水平線が同時に見れる景色は壮大で、ただただ心の中にエネルギーが満ちてくるのを感じました。
そこには理由などなくて、考えることをやめて感じる、といったところでしょうか。

日常を生きていると、考えることが多くなってしまうこともあると思います。
何事もバランスが大事だと思いますが、考えることが過ぎると、気持ちが見えなくなってしまい、防衛的になったり、知的なゲームのようになってしまいます。

何を大切にするかによりますが、感じることで心が揺れるのは、私の中では必要な体験のようです。
気持ちが見えなくなるほど考えすぎて煮詰まってしまうと、私は旅をしたくなるのかもしれません。

みなさんは、最近、考えることと感じることのバランスをうまくとれていますか?

もし考えすぎて煮詰まってしまっているなら・・・。私の場合は、感じることを入れてバランスをとってみると、案外すーーーっとすることがあります。

感じることはもちろん旅だけではないので、みなさんがそれぞれにあったもので、バランスが取れるといいなあと思います。

 

心の声と体の声?

 こんにちは! 学生相談室の松本です。 西村先生に引き続き、はじめてブログで発信させていただきます。どうぞ、よろしくお願いします!  社会貢献センターの朝のミーティングでは、私自身、日々感じておりますことや、興味・関心のある分野について、自由に発信させていただいております。本日は、先日のミーティングで話をさせていただいたことについて、ブログでも発信させていただこうと思います。  みなさん、七情内傷(しちじょうないしょう)という言葉をご存知ですか?七情とは、人間が持つ「喜・怒・思・憂・悲・恐・驚」という七つの感情のことで、中医学では、これら「七つの感情が過ぎると、内蔵を傷つける」と、考えられています。  また、七つそれぞれの感情は、五臓「心臓・肝臓・肺・脾臓(胃)・腎臓」と深く関連しており、影響を与えるそうです。  「喜」は、心を開放的にさせ気分を高揚させますよね。でも、笑いすぎたりはしゃぎすぎたりすると、心臓が疲れてしまいます。  「怒」は、肝臓を傷つけるそうです。肝臓の悪い人は、怒りっぽくなるとも言われるそうですよ。  「思」は、文字通り思い悩むことで、「憂」は、気分が沈んでウツウツしていること。この二つの感情は、ストレスをため込んでしまい、脾・胃の機能を弱めてしまいます。  「悲」は涙を促し、呼吸を細くさせて水分を消耗するため、肺に影響を及ぼします。  緊張を強くさせる「恐」や、不意に緊張がはしる「驚」は、腎臓を弱めてしまうようです。  このように七つの感情は、五臓に作用し体の健康にも影響を与えるようですね。七つの感情について自分で振り返ってみたり、五臓の調子が悪くないか自己チェックすると、心の声と体の声の両方を聞くことができ、自分自身の心身の状態を知ることができるかもしれません。  私は、今の仕事をするようになって、特に自分自身の心や体の声を聞く努力をするようになりました。私自身が自分についてよく知り、リフレッシュして仕事に臨まなければ、持っている力を十分に発揮して、みなさんのお役に立つことができないからです。  私の実感としては、心の声や体の声は、ある程度聴く努力をしなければ、なかなか聴くことが難しいものだと感じています。でも、その努力を積み重ねることで、きっと聴こえてくるようになると思います。そのお陰で、私は、リフレッシュしながら自分を維持する方法も見つけることができました。    みなさんも、一日の終わりや、せめて1週間の終わりに、少し時間をとって心と体の声を聞いてみてください。きっと、今まで聞こえてこなかった声が聴こえてくるようになると思います。そして、心と体が、ゆったりと楽になるようなリフレッシュの方法を見つけてくださいね♪  このメッセージが、少しでもみなさんのお役に立てますように・・・☆  
 

ARTと子どもと環境と。

 みなさま、こんにちは。センタースタッフの藤本です。今日から、6月!今月が過ぎると、1年の折り返し。早い!などと嘆いていないで、前向きにいきましょう。

 

 梅田界隈をぶらぶら歩いていると、たまたまファッションビルに設けられたアートギャラリーで、「キッズ・アース・ファンド」という団体が主催する展示会がおこなわれていました。“kids helping kids”(子どもが子どもを救う)というスローガンのもと、子どもが描いた絵を商品パッケージや企業カレンダーに使用していただいて、その収益を世界の子どもたちへ衣料や医薬品を支援物資として寄贈し、また、心に傷を負った子どもたちの心を、絵を描くことで癒すために、画材を提供するなどの活動を行っておられる団体です。

 

 このギャラリースペースで見た絵はどれも、色使いといい、線の力強さといい、なんとも躍動感にあふれた、自由にのびのびと描かれたものばかりで、みているこちらまでもがパワーをもらえるようなものばかりです。

 

 この団体は私たちECC社会貢献センターもさまざまなカタチでお手伝させていただく予定の「100万人のキャンドルナイト」にもご参加されています。

 

 みなさまも、一度キャンドルナイトに足をはこんで、環境に対する意識を高めるとともに、世界の子どもたちのことにも思いをはせてみませんか

 

 

学生が大活躍の1年でした。

 みなさま、こんにちは。センタースタッフの藤本です。寒さも厳しさを増す中、いかがお過ごしでしょうか。この時期、年内中にいろいろな用事を片付けるべく、忙しくされている方が多いのではと想像しています。なにはともあれ、お体に気をつけてください。今年も、インフルエンザの猛威に対する注意が喚起されていますので。  

 

 さてさて、今年も社会貢献センターは、さまざまな組織、個人の方々にご支援、ご指導いただきながら、さまざまな活動に取り組んでまいりましたが、今年も学生の活躍を頼もしく感じられるシーンが数多く見られた年となりました。 

 

 専門学校生の専門性を生かした地域貢献や、フェアトレード販売や募金活動ならびにNGO等への寄贈物品の収集活動、福祉ボランティアへの参加などの従来の活動に加え、途上国の子どもたちへワクチンを贈ることを目的とした、ペットボトルキャップの収集活動に自発的に取り組んでくれたり、環境に配慮した3Rの取り組みの啓発を兼ねたフリーマーケット(その名も“ecoマーケット)を企画・提案し、広報ポスターの作成や店頭販売までを主体的に行ってくれたり(売上金は学生の希望により、国際協力NGOへ寄付の予定)、環境改善の活動として、落書きがされていた壁に「安全」「安心」「平和」をコンセプトとした絵をペイントする活動を行ったりと、ここには書ききれないくらい、たくさんの場面で存分にチカラを発揮してくれました。

 

 

 そして、これらの活動を温かく見守り、支えていただいた、地域の方々やさまざまな分野の組織・個人の方々には、心より感謝申し上げます。こうした方々と交流・協働する機会に恵まれたことが、学生にとって本当に貴重な体験となったのではと思います。 

 

 そして、今も、入院中の子どもたちに笑顔あふれる楽しいクリスマス会を過ごしてもらおうと、今年最後のイベント「小児病棟でのクリスマス会」へ向けて、学生達がミーティングやリハーサルを重ねながら、より楽しいイベントづくりにまい進しています。子どもたちに最高の笑顔を届けて、今年の活動を締めくくり、来年への活動へと繋げられれば最高ですね。 

 

 最後に、活動に参加してくれた学生のみなさん。おつかれさまでした。さまざまな経験を糧として、成長したみなさんとともに、来年もより良い活動を展開していけるよう願っております。そして、活動を支えていただいた、みなさま。本当にありがとうございました。来年も変わらぬご支援、ご指導いただきますよう、なにとぞよろしくお願いいたします。

 

音楽のチカラ。

 太陽がヂリヂリ、アスファルトを照りつけて、上下からの熱にさらされ、さながらオーブントースターの中に放り込まれたような暑さを感じる毎日です。ちょっと大げさかな。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。センタースタッフの藤本です。今回は音楽のお話。

 

 ある休日。寝床から身体を半身起こして、昨日の決意を思いおこします。“明日こそ、掃除をするぞ”。でも、身体が動きません。いや、心が動きません。“今日でなくてもいいか。テヘッ”てなもんです。しかし、この部屋の惨状を見過ごすのは、あんまりなんじゃないかと思い直して、CDラックをさぐり、お気に入りの一枚を選び、プレイボタンをポチッ。するとどうでしょう。あれだけ重かった腰がすこし軽くなったような気がしてくるではありませんか。そして、掃除にとりかかるわけです。

 

 このように、私にとっての音楽はエンジンのスターターの役割をしてくれるのです。これは私にとっての音楽のチカラの一部にすぎません。落ち込んだとき、逆にたかぶった気持ちを落ち着かせたいときなどにも、音楽のありがたさを感じます。

 

 「音楽は社会にも影響をおよぼすんだ。社会を変えることができるんだ」。こんな話を聞くと、どうでしょうか。現実離れした「おとぎ話」のような感じをうけないでしょうか。私は、音楽にそこまで期待するのはちょっと・・・と思ってしまいます。確かに、音楽を通してメッセージを発し続けたジョン・レノンが、ときの政府にその影響力を恐れられたとういう事実をかんがみると、あながち「おとぎ話」といえないのかもしれませんが。

 

 その音楽をエンターテイメントのツールとしてだけでなく、現実に立ち向かうツールとしても活用し、社会を変えようとする人間がいます。アルデルソン・サーその人です。麻薬や暴力、腐敗した警察が支配する“ファベーラ”と呼ばれるブラジルのリオデジャネイロのスラム街。家族や友人をギャングや警察に殺されたアルデルソンは、子どもたちが希望ある未来を築くために社会を変革すべく音楽とダンスを武器に立ち上がります。そのアルデルソンと仲間たちの戦いを追ったドキュメンタリー映画「ファベーラの丘」が来週の土曜日8月9日より公開されます。映画の中で、音楽が持つチカラをどのように見せてくれるのか、そして私の音楽に対する信頼を、この映画を通してより強固なものにすることができるのか。ぜひ、劇場に足を運んで確かめたいと思っています。

 

ある講演会のお話・・・

hana3.JPG

おひさしぶりです。センタースタッフのヤマダです。

ブログの更新を怠っており、、、反省。

私は、ブログ更新を習慣化したいと思います。。。

 

今日は、センターが日頃から大変お世話になっているYouth Visionさんの記念講演会の

ご報告をしたいと思います。(いや、かなり、おもしろかったです!)

 

講演会のテーマは、「NPO・NGOが育む若者のシチズンシップ -市民社会の実現をめざして-」でした。

ゲストは、興梠寛さん。

新聞記者を経て、民間ボランティア活動推進機関の研究や

国内外のボランティア計画の開発に携わっておられる方です。

 

昨年度も、Youth Vision主催で同タイトルの講演会があり、

その際のゲストは、 市民社会コンサルタントの村上徹也さんでした。

シチズンシップ、時代や社会とともに変化していく教育、今日の課題、

大学やボランティアセンターの役割 などなどをお話くださって、

私は、とてつもないショーゲキを受けたのでした。

 

そして、今回は、興梠寛さんがゲストということで、ウキウキしながら講演会へ。。。

今日は、印象に残っているお話の中の一つを書いてみます。

 

核家族化や情報化社会、社会との関わりが希薄化している現代、

「コミュニケーション ジレンマ」なるものを体験している若者が少なくなってきているそう。

「小さな社会」=「心地よい人間関係」 の中で生きている若者たちが多くなってきており、

そんな「小さな社会」では、「コミュニケーション ジレンマ」も少ない。

がしかし、社会人になったら、そんな「小さな社会」の中だけで生きていけるわけもなく、

突然、「大きな社会」にほうりこまれてしまう。  

 

「どうすれば、解決できるのか?」  

「どうすれば、その人の気持ちがわかるのか?」 など、

人と関わっていく中で、「ほどよいジレンマ」や「葛藤」を感じながらも、

同じ目標を見つけていったり、合意形成をしていく体験を通して、

少しずつ、「大きな社会」に触れていく準備をしていくことが必要で、 

とても大事だとおっしゃっていました。   

 

ほ~、とうなってしまいました。

 

こんなコミュニケーションジレンマやら、シチズンシップのお話をうかがいながら、

「その準備ができる最後の時期というのが、専門学校や大学なのだなぁ」と、

以前に、ある人と話をしたことを思い出し、

センターとしてそんな場と機会をつくっていくことの責任やらワクワクを感じた一日でした。

 

シチズンシップ、とっても興味深いテーマです!!

また、このブログでも取り上げていきたいと思います。

 

新たな船出をお祝いいたします。

 おひさしぶりです!センタースタッフの藤本です。長い間ブログサボってましたー。春の陽気の到来とともにモゾモゾと這い出した虫のごとく、ブログの方もチョコチョコとおじゃましようと意気込んでおります。

 

 さてさて、街を歩いていると桜の花のほんのりとしたピンク色が目にも鮮やかに飛び込んでまいりますが、見るたびに初々しかった自分をノスタルジックに想起して、大きな期待とちょっぴりの不安がないまぜになった不思議な高揚感がよみがえってくるような感覚にとらわれます。年がら年中咲いてたらいいのに・・・と思うこともしばしば。しかし、それは無粋というものですね。

 

 しかし、この時期一番フレッシュな気持ちを呼び覚ましてくれるのは、入学式に向かう一行に出会うときですね。真新しい制服に身を包み、それぞれの胸に去来する思いはどんなものかと、ついつい想像してしまいます。そして、ECC各専門学校の入学式が先日とりおこなわれ、前途洋洋、意気軒昂(ですよね?)な方々が新たな船出を果たしました。

 

 新入生のみなさんへ私からアドバイスなどは恐れ多いことではありますが、僭越ながら一言。航海も穏やかな凪(なぎ)ばかりとは限りません。ともすれば時化(しけ)るときもあるやもしれません。そんな時、こんな言葉を口ずさんではいかがでしょう。モンティ・パイソンというコメディグループをご存知でしょうか?彼らの映画で歌われている歌で「オールウェイズ・ルック・オン・ザ・ブライト・サイド・オブ・ライフ」というのがありまして、私なぞは少々辛いことがありますれば、この歌詞を頭の中でリフレインさせています。

 

 某有名スポーツブランドのCMソングとしても使用されていたのでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、この歌詞にマッチした、のんびりしたメロディとともに鼻歌交じりに口ずさめば少々の憂さは晴れようってなもんです。あくまで私の個人的効用ですが・・・。「いつも人生の明るい面ばかり見ていこう」といった意味かと思います。ちょっと楽天的にすぎるきらいはありますが、たまにはこのくらいスコーンと気持ちを晴れやかにしてみてはいかがでしょう。

 

【冬期休暇のお知らせ】

ki.JPG

 

  12月22日(土)~1月6日(日)まで、

  冬期休暇のため閉室しております。

  1月7日(月)より開室いたしますので、

  よろしくお願いいたします。

 

  みなさま、

  ステキな年末年始をお過ごしください!!

 

 

 

 

最近のセンターは・・・

 

flower2.JPG

センターの山田です。

朝晩は少し、涼しくなってきましたね。 秋の虫の声も耳に届き始めてきました。。。

来週月曜日から、山口学園も後期の授業が始まります。

学生のみなさんに会えることを楽しみにしています 笑顔

 

さて、最近のセンターは・・・というと、授業づくりに奔走中です。

後期も前期に引き続き、センターが『ボランティア論』という選択科目(全13コマ)をおこないます。

そのため、最近、毎日のように、センタースタッフでミーティングを行っては、

各コマをどんな授業内容にしていくのか?、どんなことを大切にしてコマを作るか?、

どんなことを学生のみなさんに持って帰ってもらいたいか?・・・・・・などなど、

毎日、「う~ん・・・、う~ん・・・。」とうなりながら、スタッフ3名でアイデアや意見の交流をしながら、

イメージを具体化していっています。

 

このミーティングを通して、気づいていなかったことに気づかせてもらったり、

言葉になりきらない部分を、誰かがさらっと言葉にして汲み取ってくれたり・・・・と、

いい時間を持てているな~と思っています。

 

前期は、授業に追われてしまい、あまり活動が生み出せなかったのですが、

後期は、小児病棟でのクリスマス会、地球祭のほかにも、イベントを企画中です!

乞うご期待?ください!!

 

☆次回ブログ記事の予告☆

ある一人のセンタースタッフが、一人の地球人として環境問題に取り組むべく、

最近、やり始めたことがあります!! それは、いったい・・・・・?!

 

 

 

JENより募金のお礼状をいただきました。

               sora4.JPG                 

 8月上旬、新潟中越沖地震で被災された方々が一日も早く日常の生活を取り戻されるようにと、ECC社会貢献センターにて募金活動を行い、被災者支援活動をされている特定非営利活動法人JENに全額13,579円を寄付いたしました。先日、そのお礼状をJENよりいただきました。

 この募金の一部には、ECCアーティスト専門学校特殊メイクコースの学生のみなさんが、新潟地震のニュースを見て、「何かできないか?」とクラスで話し合いをし、自主的に募金活動を行い、集まった募金をセンターに持ってきてくださった、とてもあたたかい募金が含まれていました。自分たちでできることを考えて、そして行動におこしてくださったことが本当にうれしかったです。

 学生のみなさんをはじめ、募金にご協力くださったみなさま、本当にありがとうございました。今後も、センターでは、新潟の被災された方々の一日も早い復興を見守っていきたいと考えております。

  また、現在センターでは、8月15日午後6時41分ごろ(現地時間)、南米ペルー沖でおきました地震の被災者支援のため、9月28日(金)まで募金を受け付けております。詳細は、ECC社会貢献センターウェブサイトをご覧ください。みなさまのご協力をお願いいたします。