まちづくりアーカイブ

豊崎ピクニックに参加しました!

こんにちは。
センターの井上です。
こちらに記事を書くのはご無沙汰な気がします~。

新学期が始まってあっという間にもう6月を迎えようとしています。
今年は例年よりもたくさんの学生がセンターに訪れてくれて、新しい活動も生まれたり、生まれそうな気配がしたりとパワーいっぱいです。
その中で、17日に行われた「豊崎ピクニック」の活動を報告したいと思います。

 この豊崎ピクニックというイベントは、豊崎神社で毎月行われている「豊崎神社ファーマーズ朝採りマーケット」をもっと知ってもらいたい!という思いの元企画されました。
センターには、ワークショップの中の「ダンボールでおみこしをつくろう!」という企画を手伝って欲しいということでご相談がありました。

イベントに興味をもって集まってくれた学生は実に15名!
うち9名は留学生という国際色豊かなチームとなりました。
またさらに、卒業生も1名参加してくれて16名もの学生が参加してくれました。

当日までには、主催者のかたにお話をうかがったり・・・

  RIMG0257 (640x480).jpg

 

のぼりを一緒につくったり・・・

RIMG0275 (640x480).jpg  

 

おみこしの土台を作ったり・・・

RIMG0255 (640x480).jpg  

 

チームの交流会をしたり・・・

RIMG0220 (640x480).jpg  

 

突発的なイベントとは思えないくらいの準備を重ねました!

そして、当日!!!

お天気のおかげもあり、イベントは大賑わい♪
学生たちはこどもたちと一緒におみこしの飾りつけづくりを楽しみました。

RIMG0351 (640x480).jpg  

RIMG0364 (640x480).jpg  

RIMG0406 (640x480).jpg  

 

タイと中国からの学生はとても手先が器用で、日本人の学生たちとびっくり!
おりがみのレパートリーもとても豊富でこどもたちから大人気でした。

日本人学生もほとんどがこども英語保育の学生ということでこどもの相手はお手の物!
優しいお兄ちゃん、お姉ちゃんと遊べてこどもたちも嬉しそうでした。

そして、出来上がったおみこしを担いで境内を練り歩き・・・

RIMG0484 (480x640).jpg  

 

無事本殿に奉納しました。

RIMG0489 (640x480).jpg  

 

このおみこしは宮司さんによってお祓いされたのですが、なんと!
その場にも立ち合わせて頂きました!!!
とても貴重な機会をいただき、感謝感謝です。

学生たちはとても満足!といった表情でした。

後日の振り返りでは、タイ・中国各国の料理を留学生たちが持ち寄ってくれたので、さながらポットラックパーティーのように賑わいました。

RIMG0221 (640x480).jpg  

 

RIMG0222 (640x480).jpg  

ひとつの活動を通して出会い、つながった学生たち。
これからも一緒にいろんなことを考えていけたらいいなぁと思います。

 

【ボランティア募集】梅田まち案内エスコート

こんにちは。
センターの井上です。

新年度を迎えて、まもなく授業開始ですね。
新入生も、進級生も生活リズムを整えて充実した学校生活を送ってください。

 さて、さっそくボランティアのご案内です。

【第7回梅田まち案内エスコート】
ゴールデンウィークには、国内外問わず多くの観光客が大阪に来られます。
ウメ地下や高い建物で地上に出て来て迷われている方に地図をお見せし、ご一緒に付添い、お連れするボランティアがこの梅田まち案内エスコートです。
知らないもの同士、3~4名程度でチームを組み、決められたエリアの中で活動します。
チームでの活動になるので、大阪に来たばかりの新入生、梅田に詳しくない人や留学生も大歓迎です!
特に留学生は母語を活かして活動できる機会にもなるかもしれません。

土曜日の活動なので、在校生だけでなく卒業生も大歓迎!
総合英語コースの新1年生は授業としてこの活動に取り組みますので、学校や学年を超えたつながりを作るチャンス!
イノウエ的、春のイチオシボランティアです。
ぜひぜひ参加してみてください!

◆日にち
4月25日(土)

◆活動場所
梅田エリア

◆集合時間
15:50

◆集合場所
JR大阪駅中央口南ゲート広場

◆参加方法
ECC社会貢献・国際交流センターまで来てもらうか、peace@ecc.ac.jpまでメールしてください。

たくさんの参加をお待ちしています~!

escort (452x640).jpg  

 

今年もやります!「中崎町キャンドルナイト」

中崎町冬の恒例イベントとなりました「中崎町キャンドルナイト」が
今年も行われます。
キャンドルの光のなかで、ゆったりとした時間を過ごしませんか?
みなさまのお越しをお待ちしております。  

 

%E7%AC%AC4%E5%9B%9E%E4%B8%AD%E5%B4%8E%E7%94%BA%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%28%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E5%B0%8F%29%20%28211x300%29.jpg

 

■日時
2月8日(土)

■会場
中崎町ホール

■時間
13:00~16:30 第一部ワークショップ・展示
17:00~17:30 点灯式
17:30~17:45 中崎町キャンドルナイトポスターコンテスト
18:00~21:00 第二部ステージイベント

■第一部
ワークショップ
①キャンドルホルダーづくり
②簡単に出来る手話歌(手話エンターテイメント発信ネットワークoioi)
展示
①中崎町写真展
②被災地支援TJWKニット作品展示

■第二部
①大阪府立桜塚高等学校軽音楽部
②南ジョージバンド
③手話エンターテイメント発信ネットワークoioi
④学校法人山口学園留学生合唱部

■主催
中崎町キャンドルナイト実行委員会

■協賛/協力
大阪市北区地域活性化事業基金・済美地域社会福祉協議会・済美連合振興町会・済美女性会・地域住民の皆様

■後援
関西テレビ放送

 

第2回、壁の落書き消しに参加してきました~ ♪

こんにちは。山田です。

 

中崎町の壁の落書き消し、昨年末に続き、第2回が2月26日(日)に行われました~。

★第1回の様子はこちらhttp://npo.ecc.ac.jp/blog/2012/01/post_182.html 

 

今回は、3月に卒業予定の学生1名、留学生1名、既卒生1名の3名が参加しました。

第1回に比べて、地域の方々の参加人数も増えて、予定していた作業時間よりも随分と早く終わり、

12時終了予定が11時過ぎごろには終わっていました!

rakugaki2-2.JPG 

 

中崎町の地域行事に参加させていただくといつも思うのですが、

本当に気持ちがいいぐらい、一人ひとりが、周りの状況を見ながら

素早くチャキチャキテキパキ活動されています。 

いつも、ステキなチームワークだなと感じています。

 

壁やシャッターなど、いたるところに落書きがっ! 

 

一斉にみんなでペンキを塗っていきます。 

 rakugaki2-4.JPG

 

学生たちも、ハケで細かな部分を塗っていきます。

  rakugaki2-5.JPG 

 

終了後、真っ白に!!

道が明るくなったという声も聞こえてきます。 

rakugaki2-6.JPG 

 

第1回の落書き消しの後、しばらく経ってから、キレイになったところに、

また落書きをされてしまったというお話を聞きました。

それに気づいた地域の方が、すぐに消しに行かれたそうで、

その後は、今に至るまで落書きをされずに、キレイなままの状態が維持されています。

「落書きされたらすぐに消す!」 迅速な行動を徹底することで、

落書きされにくいまちを作っていくのだなと感じました。

 

落書き消しのボランティア~♪

山田です。
 
みなさん、年末年始は、いかがお過ごしでしたか?!
 
 
さて早速、
年は明けましたが、昨年末の活動のご報告~ ♪ ♪ ♪
 
 
12月18日(日)10時~12時ごろにかけて、
地下鉄谷町線の中崎町駅から続く高架下の壁やシャッターの落書きを消す活動に、
日本語学科の留学生が参加しました!!
 
 
 
 
中崎町にも少しずつ落書きが増えてきているそうです。
落書きをそのままほっておくと、どんどん増えてしまい景観が悪くなっていくだけではなく、
誰も地域や街に関心を寄せていない、目を向けていないというメッセージにもつながっていきます。
少しずつ小さな犯罪が増えていき、それが大きな犯罪へと発展したり、
治安の悪化という問題にもつながっていきます。
たかが、誰かのいたずらや落書きではございません!!
落書き恐るべし!!です。 
 
 
 
この日は、地域の方々をはじめ、警察、区役所、地域の小学校の校長先生、塗装屋さんなど、
総勢30名ぐらいの方々が集結!! 
初めに、塗装のプロから、ペンキの塗り方を伝授いただきました。
 
 
 
 
 
みんなで高架下へ移動し、ゴーグルと雨合羽とマスクを着用して、完全防備!!
大きなところはロールで、細かな部分はハケで、それぞれ分かれて落書き消しをスタートしました。
安全に活動できるように、歩行者や自転車の方々が安全に通行できるように、
安全パトーロールをしてくださる地域の方、途中で暖かいお茶を入れてきてくださる方など、
みんなが、安全に、気持ちよく活動できるように、いろいろな役割を担って参加していました。
  
rakugakikeshi2.JPG 
 
 
この落書き消しの活動に向けて、様々な下準備をされてきたそうです。
うかがったところでは、 高架下ということで鉄道会社への確認、
それぞれの壁やシャッターの持ち主への確認といった作業が大変だったそうです。 
 
また、みんなが活動する前に、ペンキが飛び散って汚れないようにと、
道路や壁をビニールシートで養生したりと、
朝から準備をしてくださっていた方々もいらっしゃいました。
もちろん、その後の後片付けもです。 
 
rakugakikeshi3.JPG 
 
 
rakugakikeshi5.JPG 
 
2時間ほどであっという間に、落書きが消えました!スッキリ!! 
高架下の落書き消しは、後3回ほど実施される予定です。
日程が決まりましたら、ECC社会貢献センターのウェブサイトや掲示板で
お知らせしたいと思います。 
今度は、あなたも参加しませんか?! 
 

大阪市北区の橋、洗ってきました!!

こんにちは!山田です笑顔

後期の一大イベント、「小児科病棟でのクリスマス会」も間近にせまり、

学生たちの準備が本格化してまいりました!!

また、来週は、「地球祭」と「キタ歓楽街環境浄化パレード」があります!

 

地球祭では、「被災地に仕事で笑顔を!!」をコンセプトにした

東北支援プロジェクト「EAST LOOP」の商品を販売いたします! !

 

「キタ歓楽街環境浄化パレード」は、この6月にも行われ、今年2回目のパレード。

6月の様子は、 http://npo.ecc.ac.jp/2011/06/post_137.phpからご覧いただけます。 

 

どの活動にも、学生たちが参加します。

学生の声とともに、リアルタイムでブログに報告していきたいと思っております♪

 

さて、 11月3日(木・祝)、大阪市主催で、難波橋の「橋洗いブラッシュアップ大作戦2011again」が

開催され、学生5名が参加してきました!

橋にこびりついてしまったガムを一つひとつそぎ落とし、橋の隅々をデッキブラシやたわしで

キレイに磨き上げたそうです!

当日の様子は、下記、大阪市のウェブサイトからご覧いただけます!

http://www.city.osaka.lg.jp/kita/page/0000145741.html   

 

学生たちのメッセージを届けに「敬老会」へ!

山田です。
 
9月11日(日)、中崎町では、敬老の日を前に 【敬老会】 が催され、
学生2名とともに、とある大事なものをたずさえて行ってまいりました!
 
大事なものとは・・・、
ECC国際外語専門学校 総合英語コース1&2年生たちが手作りしたカードたち。
 
総合英語コースでは、この4年ほど、地域の敬老会の方々に、
メッセージカードを書いてお送りする活動を続けています。
日本語だけではなく、学んでいる英語と手書きのイラストも添えて作っています。 
 
 
カードの作成にむけて、済美地域社会福祉協議会会長の吉川さんが、
総合英語コースのクラスを訪問してくださいました。
7月21日(木)に1年生、9月1日(木)に2年生と2度来校くださり、 
中崎町の地域についてや敬老会のこと、皆さんがカードを楽しみにされていることなど
お話してくださいました。
 
keiroukai14.JPG 
 
 
そして、先日、1&2年生たちがカードを作成 ♪
keiroukai11.JPG
 

こんなステキな一枚一枚どれも違う手作りカードができあがりました!
card1.JPG 
card3.JPG 
 
 
プログラムの関係で、お一人おひとりに手渡しができなかったのですが、 
みなさんが持って帰られるお祝いの品の袋の中に、
地域の方と一緒に、一枚一枚入れさせていただきました。
お家でゆっくりと見てくださって、学生からのメッセージを受け取っていただけたらうれしいなと思います。
 
 keiroukai1.JPG
 
 
 
皆さん、本当に敬老会を楽しみにされていた様子で、
10時30分の受付前には、たくさんの方々が、まだかまだかと待っておられました。
keiroukai4.JPG
 
 
11時~15時30分で催された敬老会、そのプログラムの内容は盛りだくさん。
手作りのお食事が用意され、カラオケや民謡、詩吟、百歳体操やビンゴゲームなど、
本当にあっという間に時間が過ぎていきました。
keiroukai5.JPG
keiroukai7.JPG
keiroukai9.JPG
 
 
プログラム作りも当日の運営も、すべて地域の方々の手によるもの。 
「先輩方が作ってこられた地域をこれからも大事にし、よりよくしていきたい。」
「こういった行事を通してつながりを育み、防災や見守りといったコミュニティの力にしていきたい」
という地域の方々の言葉から、先輩方や次世代への想いが伝わってきます。  
 
 
おいしいお食事を食べて、歌や音楽を楽しみ、身体を動かし、
おしゃべりやおしゃれを楽しみ、みなさん、笑顔で帰っていかれました ♪

出口で皆さんをお見送りしていた学生に、なにやら地域の方が声をかけてくださっていました。
 「いつも、ずーっと家にいて、一人でテレビばっかり見ているから、
  久々に生で若い子を見て、じーーーっと見てしまったわ。ごめんね。」
とおっしゃっていたそうです。 
 
何かをするのも大事ですが、若者達がそこにいる、姿がそこにあるだけでも、
地域の方にとって、何かほっとうれしかったり、顔がほころんだりする、
そんな場になるのかなと思った敬老会でした。 
 
参加した学生たちがどんなことを感じたかは、また、お届けします ♪ 
 

盆踊りの練習に行ってきました♪

お久しぶりです、山田です。
 
今年は、中崎町の夏祭り「済美(せいび)カーニバル」が復活します
 
昨年は、会場となっていた旧済美小学校跡地に、
コミュニティホール&グランドの建設工事のために実施できず、
今年は2年ぶりの「済美カーニバル」です!!
 
今年は、7月30日(土)と31日(日)の2日間、済美・中崎町コミュニティグランドで実施されます。
 
 
なんと今、毎週水曜日の18時30分すぎ~20時ごろまで、コミュニティホールで、
当日に向けて、「盆踊りの練習」が行われているのです!!
 
 
 
先日、盆踊りに興味津々なECC国際外語専門学校日本語学科の留学生5名と一緒に、
盆踊りの練習に行ってきました笑う 
 
 
留学生たち、うれし恥ずかし、最初はなかなか輪の中に入れず。。。
初めての盆踊り、輪の中に入るドキドキ感や勇気って、結構、大きかったのかもしれません。 
 
ようやく輪に入って、地域の方々の動きを見よう見真似で動かしてみるも、かなり難しい!!
 
 
右手、左手、右足、左足、全てバラバラに動かす複雑な踊りに、留学生たちも、苦笑い。。。 
bonodori2.JPG 

 
「こりゃ、いかん!」と、一人ひとり、地域の方の後ろについて、動きを観察しながら練習しました。
地域の方々も、 それぞれに声をかけながら、丁寧に教えてくださいました。
 

1時間半の間に、4曲ほど練習したでしょうか。
初めは、バラバラだったみんなの動きが、最後にはそろって、キレイな盆踊りの輪となりました

 
地域の方からは、「覚えが早いねー!」とたくさん褒めていただきました。 
bonodori5.JPG 
 
かゆくなってしまうほど手をたたき続け、どっぷりと盆踊りを練習したのでした笑顔
bonodori6.JPG 
 
 
帰り道、みんな、「当日が楽しみ」と言っていました。   
でも、早速、「寝たら忘れちゃうー!」という声が・・・。
その隣からは、「もう、忘れちゃったよー!(笑)」という声も・・・笑う
 
当日、思いっきり盆踊りを楽しむには、 まだまだ、継続して練習せねば!!
 
盆踊りの独特の音やリズム、たまーにかかる掛け声の中、輪になってグルグル黙々と踊り続けて、
留学生は どんなことを感じたのでしょうか。
こういった共有体験を通して、地域と学生が出会いつながり、交流し、
新たな様々なものが生まれていくのではないかと思います。 
 
留学生に限らず、どなたでも盆踊りの練習には参加できます。
盆踊りの輪に入りたい!という方は、
いつでも、ECC社会貢献センターまで声かけてくださいねー♪ 
 

9月のクリーン中崎町は来週火曜日、21日です♪♪♪

今年度から、集合場所が、旧済美小学校から済美公園に変更となりました。                                     

公園で、開始時間までのんびりと人が集まってくるのを待ちながら、                                                            「最近、どう?」、「忙しい?」などと学生と話をしたり、地域の方と近況を聞きあったりしています。

時には、日頃の運動不足解消とばかりに、地域の子どもたちと張り合って、                                    公園の鉄棒で逆上がりに挑んでいる学生の姿もあったり。。。

公園では、独特の“のんびり時間”が流れております。

やることいっぱい!、やりたいこといっぱい!と、忙しく過ごしている方ほど、                                                                                                                                                                                  ぜひクリーン中崎町にご参加ください!!

目の前のゴミを探しながら、一緒のグループの人と話をしながらのクリーン中崎町、                                                                                       終了後には、町もスッキリ、心も頭もリフレッシュしますよ♪

 

◆次回の予定◆                                                                                                                              2010年 : 9月21日(火) 16時~16時50分ごろまで。

◆集合場所◆                                                                                                                         済美公園                                                           

◆流れ◆                                                                        ①地域の方をリーダーに、グループをつくる♪                                                                        ②グループごとに、清掃エリア内を分かれて清掃する♪                                                                      ③ゴミをまとめて、お茶を飲みながら少し交流して、解散♪

◆持ち物◆                                                                                            なし(チリバサミ&軍手は、こちらで用意しています。)  

 

clean_2010.JPG             

clean_201004_2.JPG      

clean_201004_1.JPG

 

『中崎町スローウォーク』報告書ができあがりました

 ECC国際外語専門学校トラベルコース、ホテルコースの学生の皆さんが一般のお客様に中崎町を案内した『中崎町スローウォーク』の報告書ができあがりました。

当日の様子や学生や先生方、その他関わった方々の意見や感想などが掲載されています。

報告書の内容は下記の通りです。 

 

1.サービスラーニングとは

2.中崎町スローウォークのきっかけ

3.準備から当日に至るまで

4.学生の声  

 (トラベルコースはスローウォーク事前 中間 事後の声)

 (ホテルコースは事後の声)

5.トラベルコース担任 大西先生

6.家みせ Kocoro 様

7.関西NGO協議会 宮下様

8.中崎町流行通信 狩野様

9.写真で振り返る中崎町スローウォーク

10.スローウォークにご参加頂いたお客様アンケート

11.株式会社TEI大阪支店 武田様

12.トラベルコース非常勤講師 登先生、藍木先生

13.ECC社会貢献センター 山田、長尾

14.ECC社会貢献センター 東口

15.ECC社会貢献センター 三木

 

報告書は社会貢献センターにありますので興味を持った方は閲覧に来て下さい

 

シンサイミライノハナproject2010

ヤマダです。                                                                               新年明けましておめでとうございます。今年も、よろしくお願いします!!

今週の火曜日から後期授業がスタートしていますが、                                                                                  学生の皆さんは、生活リズム戻ってきてますか~?!                                                                                                                                                  昨日は、新年初のこむこむがありました。学生と年末年始の話をしていると、新年の目標の話に・・・。                                 一人ひとりの目標を聞いていると、気づきがあったり、そうそうと共感したり。                           そのうちに、私の中で、あれもこれもと目標が増えてしまいそうになりました。                                                        目標を立てている人も、そうでない人も、1年後の自分は、どんなイメージでしょうか?!

さて、話は突然とびますが・・・、                                                                                                        明日の14日(木)は、新年早々、【新春まつり】と題して山口学園3校合同イベントが行われます。                                                                                               おぜんざい、お雑煮、みたらし団子などが振舞われるそうですので、学生の皆さんは、楽しみですね♪

今回、センターはその場に、【シンサイミライノハナproject2010】のメッセージスペースをつくります。                                               これは、「震災の事実に向き合い“未来”を伝える」、「震災の教訓から生まれた“つながり”を大切に育てる」をテーマに、若い世代が震災に向き合い発信していくことを目指した活動です。                                                                

一人ひとりが「ワタシにとって震災とは」というメッセージを、花びらのカタチをしたカードに記入し、                                                                                                                カード5枚を組み合わせると、1本のシンサイミライノハナとなります。                                                                                                     2010年1月15日~17日の期間中、約2万本のシンサイミライノハナが神戸の街を彩るという、                                                           シンサイミライノハナPROJECT実行委員会の取り組みです。

 阪神・淡路大震災から15年が経ち、震災を経験したけれど記憶がない世代が増えてきています。                                    きっと、山口学園で学ぶ学生たちも、「生まれているけれど記憶がない」という世代なんだろうなと思います。                                                                                                                                                                                                                               でも、震災を経験する可能性は、いつも私たちの日常にあります。                                                                       一人ひとりの「ワタシにとって震災とは」をメッセージとして書いてみませんか。

★山口学園の学生や教職員スタッフの方々は、【新春まつり】で参加いただけます。                                                           日時:1月14日(木) 12時25分~13時25分                                                                                場所:ECCコンピュータ専門学校3号館前                          

★下記公式BLOGより応募も可能です。                                                                                                   シンサイミライノハナPROJECT:http://sinsai.exblog.jp/                                            

 

第1回中崎町キャンドルナイト~ありがとうございました&お疲れ様でした!

おはようございます。東口です。

第1回中崎町キャンドルナイトを一緒につくってくださった方、応援してくださった方、足を運んでくださった方にお礼を申し上げます。ありがとうございました。そしてお疲れ様でした!

当日は、夕方から雨の心配があったので、もと済美小学校の1階渡り廊下をメインのキャンドル回廊として、2500ほどの手作り&リサイクルホルダーにキャンドルを灯しました。運動場に大きく描く予定だった「済美小学校ありがとう」のキャンドル文字は、カタチは小さくなりましたが、「せいび小学校ありがとう」とキャンドル回廊に灯されました。

小雨がパラパラ降り始めた運動場には、5時ごろから大きなハートマークを3重にしてキャンドル文字を描きました。小雨の中でも9時の終了時刻までずっとキャンドルのハートマークは燃え続け、校舎3階の廊下 から見た景色はほんのりと優しく、そして力強いものでした。

ハートマークに託された小学校への愛情は、大正時代から今に至るまでに運動場や講堂や校舎内で、おしゃべりしたり、笑ったり、歌ったり、泣いたり、考え込んだり、落ち込んだり、喜んだりしてきた子どもたちからのものであり、また大人たちからのものでもあると感じます。

ホルダーはひとつ残らず手作りにしよう!と決めて、実現した中崎町キャンドルナイト。

古いものを大切にして、新しい命を吹き込むこと。

古いものと新しいものが相互作用を起こすこと。

古いものと新しいものに共通して見える本質的なものを見つめること。

年齢を重ねてこられた方々から小さなお子さんまで、みんなで一緒に中崎町キャンドルナイトをつくることができ、とてもいい時間になりました。

懐かしい中崎町の写真展示コーナーでは、「この時は、私と~チャンはね・・・」って、昔話に花を咲かせている方も多くいらっしゃって、あらたな出逢い・再会の場ともなっていたように感じます。

手作りのアクセサリーコーナー、みつろうキャンドルづくりのコーナー、手作りのホルダーのコーナーでは、子どもも大人もそれぞれにじっくりオリジナルの作品づくりを楽しんでいる様子がみられました。中崎町キャンドルナイトポスター大賞受賞者の西村先生がこのコーナーで学生ボランティアのメンバーたちと一緒につくり方を教えてくださいました。

ステージでは、お笑いのS君、よつばのふたり、南ジョージバンドの皆さん、手話エンターテイメント発信ネットワークoioiのメンバーがそれぞれに素敵な時間をみんなにプレゼントしてくれました。

みんなで歌おう!のコーナーでは、チャーリー&O先生&K先生が、楽しく、元気に、力強く、あたたかく、みんなを音楽で繋いでくれました。戦災の被害を受けていない中崎町から平和のメッセージ「IMAGINE」を合唱できたことにも意味を感じています。

ステージにあがってくれた勇気のある子どもたちをはじめ、フロアーで立ち上がって一緒に大きな声で歌ってくださった皆さんとの時間はとてもエネルギーの感じられる楽しいひとときでした。

手作りのキャンドルナイト・ステージの司会は学生ボランティアのS君。準備の段階で「僕、MCをやってみたいです」と確かな意志を表明し、地域の方々をはじめ、多様な方々が集まる場できっちり重責を果たしたS君。

「意志を示し、やり遂げること」と体感したS君をはじめとする学生ボランティアの一人ひとり・・・。「若い人たちのおかげで地域が元気になっています」という地域の方々の声がみんなに向けて届いています。

社会に出る前に、中崎町のような地域で活動の企画・運営・振り返りに携わることができることは、学生たちにとってもとてもラッキーなことだと感じます。

自分だけのものではない自分の力を体感し、他の人の中にある力を見つけ、みんながより良い状態になっていくために、自分にできることをやり続けること。これからも学生のみんなには、自分の意志を確かめ、行動し、前に進んでいってほしいと思っています。

9時にキャンドルの灯を消し始めました。運動場では、雨が少し強く降り始め、ハートマークがとぎれとぎれになっていきました。自然にキャンドルの炎が消えて、最後のひとつが9時半の段階で燃え続けていました。

何だろう?雨の中で最後まで燃え続けているキャンドルを見つめながら、まるで燃え続ける意志があるように思えてきました。心の中に焼き付けておこうっと。

キャンドルナイトの報告は、写真を含めて、それぞれのメンバーから感じたことをスマイルブログで発信していきます。私の方からは、まずはお礼まで。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中崎町~地域で紡ぐ信頼関係の実際

こんにちは。東口です。 

10月26日(月)は大阪市社会福祉協議会・大阪市ボランティア情報センターからのご依頼で、中崎町地域の皆さんとの活動についてセミナーでお話をさせていただきました。

『地域で紡ぐ信頼関係の実際』というテーマで、北区済美地域社会福祉協議会会長の吉川さんと一緒に、2005年から今日までの活動と地域の方々との繋がりについて振り返る機会にもなりました。

(学)山口学園が教育機関として地域の方々に喜んでいただける活動や地域の課題に一緒に取り組んできた足跡を辿っていくと・・・。

いい時だけではなく、難しいことが生じた時も、みんなで率直に感じるところを伝え合いながら、聴き合いながら、課題を解決していける・・・そんな繋がりが地域の方々との間にも育まれてきたなあと感じています。

時間軸の中で人との出逢いを考えるとき、少しでもそのタイミングがずれると出逢わずに終わってしまったかもしれない人がいます。

今、自分自身が出逢えている人たちとは、幸運なことに気持ちを通わせることができ、同じ方向に歩いていることが感じられます。

『人と出逢う』ことの意味を深く感じる今日このごろです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

小児病棟クリスマス会2007報告

どうも明けましておめでとうございます。

めっちゃ久しぶりに書き込みしてます、長尾です。

 

さて、今日は年末に行った小児病棟クリスマス会の報告をしたいと思います。

12月といえばクリスマス!街はきれいなイルミネーションが溢れ、クリスマスソングがあちこちから

流れてくる・・・ なんだかワクワクしてしまうものですが、そんな時でも

病院では子ども達が辛い病気とたたかっているという現実があります。

そこで、小児病棟の子ども達に少しでも笑顔になってもらいたい!という思いで

2年前からクリスマス会を行っています。

 

今回集まってくれた学生ボランティアは60名以上!子ども達に楽しんでもらうため

様々なチームを作り、9月~12月までの準備期間を設け12月当日を迎えました。

当日、会場は手作りの飾り付けに包まれ、クリスマスツリーも登場!病院の中がとっても暖かい雰囲気に

包まれていました。

クリスマス会では歌あり、バルーンアートあり、人形劇に手話パフォーマンス、

サプライズで外国人のサンタさん&クリスマスカードのプレゼントとお楽しみ要素満載で

子ども達もすっごく楽しんでくれていました。 また会のあいだは子ども達のそばに

学生がよりそって、子ども達のことを見守ってくれていたのも印象的でしたよ。

 

今回で二回目となる小児病棟でのクリスマス会ですが、毎年思うことは

子ども達に笑顔になってもらいたい!ちょっとでも元気になってほしい!と思って参加して

くれた学生達が、クリスマス会終了後のふりかえりでは、

 

『子どもたちの笑顔で自分達が元気をもらった』

 

『辛い病気とたたかっている子ども達をみて勇気をもらいました』

 

という声が 多くて、それを聞く度に

(ボランティアってどちらかが一方的に与えるものじゃなくて、

お互いに与え、与えられ、いい関係やエネルギーを生み出すんだなぁ)

という事を実感させられるのです。

 

 

『子ども達の笑顔をみれてよかった!』

 

それを嬉しそうに笑顔で話してくれる学生達をみているだけで

私たちスタッフもまた

 

(学生達の笑顔がみれてよかった)

 

と思えるのです。 

  syugousyasin2.JPG

クリスマス会に関わってくれた全ての皆さん、ありがとうございました★

 

クリスマス前のクリーン中崎町

こんにちは。センタースタッフの藤本です。街はすっかりクリスマスムード一色です。赤に緑に白に銀に金にとまばゆい色のイルミネーションが、この季節の冷たい空気の中では、いっそう際立って目に飛び込んでくるような気がします。

さてさて、師匠も走り回るほど忙しい12月の5日の夕刻より中崎町の地域のみなさん、「おしゃれに たのしく かっこよく」環境美化による街づくりの活動を展開する“スマイルスタイル”のみなさん、そしてECC各専門学校の学生ならびに教職員が元済美小学校に集まってくださり、協働で中崎町の清掃活動「クリーン中崎町」を実施いたしました。寒さ、暗さもどこ吹く風。和気あいあいと、交流をはかりながら、暗いなかにもかかわらず、吸殻等の小さなゴミも目を凝らしながらも丁寧に拾っていただきました。この活動が楽しいクリスマス、気持ちのいい新年を迎えるにあたっての下準備となったならば素敵なことですね。

中崎町の地域のみなさま、スマイルスタイルのみなさま、ECC各専門学校の学生ならびに教職員のみなさま、おつかれさまでした。そして、ありがとうございました。この活動が広がりをもち、ますます地域のみなさまやスマイルスタイルのみなさまとのつながりを深め、共に発展するよう、今後ともよろしくお願いいたします。

 

中崎町に突如現れた非日常的空間

こんにちは。センターのスタッフの藤本です。朝晩と寒さが身にしみる季節に入りました。みなさま、風邪などをひかれていませんでしょうか?くれぐれもお気をつけください。少し前の話になりますが、当センターでは、10月31日にコンピュータ専門学校3号館前の広場にてフェアトレードの委託販売をさせていただきました。この日は、チョコレートとアニマルコインパース(動物の顔をモチーフにした、コイン入れです)が順調に売り上げを伸ばしました。チョコレートのほうは結構なお値段になるのですが、リピートして購入される方が多いことから、値段に見合った価値が十二分にあるのだと、改めてこの日、感じました。さてさて、いつもはカラフルな色使いや、ユニークなデザインで多くの人の注目を浴びるフェアトレードの商品ですが、この日ばかりは少し霞んでしまいました。というのも、この日は10月31日のハロウィンということで、ECC各専門学校の学生ならびに教職員おのおのが日頃、内に秘めているエネルギーを一挙に発散させるかのごとく、インパクト大の仮装を披露して、学校周辺に出没していたのでした。あまり時間や労力を費やしてなさそうなものでも、アイデアひとつで周りをうならせる仮装もあれば、労力と時間と技術をあますことなく費やしたであろうと想像に難くないものまで、まさに百花繚乱。アミューズメントパークにいるような気にさしてくれるほどの楽しい空間となりました。ここに、そのときの写真をアップをすることができないのが、本当に残念です(ご本人に了解をいただくのを忘れていました。今となってはどこの誰やら・・・)。労力と時間プラス技術をもつぎ込んだ仮装はやはり、アーティスト専門学校の特殊メイクアップの学生さんの作品と思いますが、どれも本当に良く出来ていて、他の学生さんからの写真のリクエストも多かったようです。この光景を見て、このハロウィンのイベントをECCの学生や教職員だけで楽しんで終わりでは、少しもったいないと感じました。仮装行列や仮装大会は無理としても、地域の人との写真撮影会などがあってもおもしろいかなと個人的には思いました。そして、この日に目にした仮装のキャラクターが近い将来に映画館のスクリーン上で活躍していていればいいですね。最後に、この日のフェアトレードの販売を手伝っていただいた学生のみなさん、本当にありがとうございました。