ACTIVITIES

Event Report

ヘアメイクボランティア(ゴスペルコンサート)

2018.09.15

ホーム / 活動報告 / ヘアメイクボランティア(ゴスペルコンサート)
緊張感あふれる現場を体験!
ヘアメイクでステージを一層華やかに。

ゴスペルシンガーの西村あきこさんのワークショップをきっかけにスタートした、ゴスペルグループ「HAPPY CUBE」。豊中市立文化芸術センターにて開催された結成10周年記念コンサートでECCアーティスト美容専門学校の2人の学生がヘアセットとメイクを担当しました。HAPPY CUBEさんのヘアメイクを担当するのは、今回が初めて。リハーサルからお邪魔させていただき、本番さながらのパワフルなみなさんの歌声に圧倒されつつ、会場の雰囲気を体感します。ヘアメイクの時間は、リハーサル後からコンサート開始時刻までの1時間半。本番前ということもあって、控室もワクワクと緊張感が入り混じった雰囲気に。限られた時間の中で、迷いなくみなさんのヘアメイクを進めていく2人の姿に、強いプロフェッショナル意識を感じました。

  • リハーサルがはじまりました。間が空くと、小さい声でなにやら作戦会議を始めた2人。会場の明るさや照明の当たり具合、メンバーそれぞれの顔や髪の雰囲気をチェックしていたそうです。 

  • メイク担当は瀧本さん。本日のコンサートのゲストとして駆けつけた、ゴスペルシンガーの西村あきこさんのヘアメイクから。西村さんは現在NYにお住まいです。見せてもらった衣装からイメージが湧いたようで、早速メイクをスタート! 

  • 今日ヘアセットを担当するのは、西川さん。まずは、髪の質感や癖などをチェックします。順番を待っている他のメンバーの方々との会話も欠かしません。 

  • どんな髪型にしたいか少しずつ聞きながら、一緒に鏡を確認してイメージをすり合わせていきます。限られた時間の中で、スピーディーなセットが求められます。 

  • メンバーの方々の満足げな表情を見て、瀧本さんも思わず笑顔に。「このリップ、すごく発色が良いですね」とメイクで使ったお化粧品を気に入った方もいらっしゃいました。 

  • ヘアメイクを終えた西村あきこさん。「普段はあまりメイクしないので新鮮です!」と喜びの声。いつもは同世代にやってもらうので、今回の「若者のヘアメイク」にも大興奮の様子でした。 

ACTIVITY PHOTO

  • リハーサルがはじまりました。間が空くと、小さい声でなにやら作戦会議を始めた2人。会場の明るさや照明の当たり具合、メンバーそれぞれの顔や髪の雰囲気をチェックしていたそうです。 

  • メイク担当は瀧本さん。本日のコンサートのゲストとして駆けつけた、ゴスペルシンガーの西村あきこさんのヘアメイクから。西村さんは現在NYにお住まいです。見せてもらった衣装からイメージが湧いたようで、早速メイクをスタート! 

  • 今日ヘアセットを担当するのは、西川さん。まずは、髪の質感や癖などをチェックします。順番を待っている他のメンバーの方々との会話も欠かしません。 

  • どんな髪型にしたいか少しずつ聞きながら、一緒に鏡を確認してイメージをすり合わせていきます。限られた時間の中で、スピーディーなセットが求められます。 

  • メンバーの方々の満足げな表情を見て、瀧本さんも思わず笑顔に。「このリップ、すごく発色が良いですね」とメイクで使ったお化粧品を気に入った方もいらっしゃいました。 

  • ヘアメイクを終えた西村あきこさん。「普段はあまりメイクしないので新鮮です!」と喜びの声。いつもは同世代にやってもらうので、今回の「若者のヘアメイク」にも大興奮の様子でした。 

INTERVIEW

西川 奈穂さん

ECCアーティスト美容専門学校
トップヘアメイクアーティストコース

ボランティアを終えての感想
これまで若い方のヘアメイクをする機会が多く、年上の方々のヘアセットはあまり経験したことがありませんでした。最初は特に、髪質の違いに驚きました。みなさんの希望を少しずつ聞きながら、元のヘアを生かしたセットをするよう心がけました。私は、メイクもできる美容室サロンへの就職を目指しているのですが、さまざまな世代の方が訪れるお店ではコミュニケーション力は欠かせません。今回培った経験を、就職してからも生かしていけたらと思います。

瀧本 奈都子さん

ECCアーティスト美容専門学校
トータルビューティースタイリストコース

このボランティアで難しかったところは
私はいつもの学校の実習では、相手にずっと話しかけているほどの話好き。今回はミュージシャンの方々の本番までの心の持っていき方がわからず、最初は話しかけてよいのかどうかとても戸惑いました。西村さんのメイクを行った際は、終盤にやっと普通に会話をすることができました。私はニューヨークに支店のあるサロンへの就職を考えており、西村さんにそのことを話すと「もしかしたら現地で会えるかもしれませんね!」ととても盛り上がりました。
ボランティアに参加したきっかけ
学科のカリキュラム上、ボランティアに行ける機会が少ないのですが、自分の技術を上げたい、経験を積みたいと思って、今回このボランティアに参加しました。メイクをした方から「こんなの初めて!」と感謝されたのがとても嬉しかったです。自分の持つ技術を提供することで「ありがとう」や「嬉しい」などプラスの言葉を返してもらえると自信になります。また、こういったライブ感のある現場は、臨機応変に対応する力も養えます。自分の中の引き出しを増やすことができました!

MESSAGE

今回は大阪市北区のつながりでご紹介いただき、初めてヘアメイクボランティアに来ていただきました。私自身、以前ECCアーティスト美容専門学校さんのボランティア企画でメイクをしてもらったことがあるんです。若い方のメイクはとても新鮮でした。今後もぜひお願いしたいです!

南中様(ゴスペルグループ HAPPY CUBE)

EDITOR'S NOTE

今回初めての試みとなったゴスペルコンサートのヘアメイク。学生たちも戸惑うことが多かったようですが、終盤は緊張がほぐれ笑顔でヘアメイクを行っていました。世代を超えた交流は、学生たちにとっても良い刺激になったよう。瀧本さんと西村あきこさんがニューヨークで会う日もそう遠くないかもしれないなと、不思議な巡りあわせにご縁を感じる取材となりました。

(ハピボラ編集部)