ACTIVITIES

Event Report

2020年度
卒業生を送る会

2021.02.13

ホーム / 活動報告 / 2020年度卒業生を送る会
8名の卒業生と共に
1年間の活動を振り返る

学生スタッフが自主企画した、恒例行事「卒業生を送る会」。今年は在校生・卒業生あわせて16名が参加。感染症予防のため、飲食無しで開催されました。
会の進行は、着任したばかりの新リーダー・岡穂乃香さんが担当!名司会ぶりを発揮しました。当選後に景品の購入金額が明かされ、会場を笑いと騒然の渦に巻き込むビンゴゲームや、センタースタッフお手製の力作振り返りムービーの上映など、1年間一緒にやってきたからこその気の置けないホームパーティーのような会となりました。後半は、卒業生たちの抱負発表会、記念チェキの撮影など、一転送別ムードに。締めくくりは、卒業生へのプレゼント贈呈式。箱一杯に詰め込まれたメッセージカードを読みながら、思い出話が尽きないひとときになりました。

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

ACTIVITY PHOTO

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

INTERVIEW

「ボランティア活動での思い出は?」と卒業生たちに質問! 全員の前で発表した「今後の抱負」も見せていただきました。

  • 山口 真奈さん

    ECC国際外語専門学校
    総合英語コース 2年
    (学生スタッフ・リーダー)

    昨年2月の『中崎町キャンドルナイト』では、「全員でやり遂げた!」という今までにない大きな達成感がありました。先輩たちと一緒にした最後の活動ということもあり、すごく思い出に残っています。

  • 大北 祐さん

    ECC国際外語専門学校
    総合英語コース 2年
    (学生スタッフ)

    『小児科病棟クリスマス会』では、人生で初めてリーダーを経験しました。
    チームのみんなをまとめることの大変さを感じつつも、振り返ればとても充実した時間を過ごせた3ヶ月間でした。

  • 藤本 彩花さん

    ECC国際外語専門学校
    総合英語コース 2年
    (学生スタッフ)

    今年度はコロナウイルスの影響でボランティア活動の機会がうんと減りました。その代わりに、この状況で私たちに何ができるか、スタッフ全員でミーティングを重ねた時間はかけがえのないものになりました。

  • 蔡 政勲さん

    ECCコンピュータ専門学校
    CGデザインコース 3年

    これまで全18種のボランティア活動に参加しました。毎年続けていると、活動先で名前と顔を覚えてもらえて、知り合いも増えていきます。地域の人たちとの交流は、年々楽しくなっていきました。

  • 松丸 嵯生さん

    ECC国際外語専門学校
    ホテルコース 2年
    (学生スタッフ)

    学生スタッフを始めてから、学校やコースの違う友人がたくさんできました。垣根を越えた繋がりができて、視野を広げられるのが、学生スタッフの良いところだと思います!

  • 尾崎 雄真さん

    ECCコンピュータ専門学校
    ITビジネスサポートコース 2年
    (学生スタッフ)

    笛の奏者として『豊崎宮夏祭り』に参加。たくさん練習したので上手く演奏できて嬉しかったです。済美地域の方々との交流も楽しかった思い出のひとつです。

  • 大西 拓斗さん

    ECCコンピュータ専門学校
    IT開発エキスパートコース 3年

    すごく楽しかったので定期的に参加するようになった「あっとほーむ」と「ビブリオバトル」。いつの間にか私の学生生活には欠かせない、癒しの時間になっていました。

  • 于 焜(ウ コン)さん

    ECC国際外語専門学校
    日本語学科
    (学生スタッフ)

    ボランティアに参加したことで、たくさんの日本人の学生と交流することができました。日本の文化や考え方の違いなど、参加するたびに大きな発見がありました!

EDITOR'S NOTE

メッセージカードを書きながら時折上を向く在校生たち。私も学生の頃寄せ書きしながら先輩と過ごした日々を思い起こしていたなぁと懐かしくなりました。卒業生はもちろん、在校生にとっても「次は私たちの番だ!」と決意を新たにする機会。コロナウイルスで大変な1年でしたが、こうして顔をあわせて集まることができて本当に良かったなと思いました。
最後になりましたが、卒業生のみなさん、本当におめでとうございます。春からの新しい生活、陰ながら応援しております!(ハピボラ編集部)